今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20181217112048j:plain

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO情報

  • 略称:DSCP
  • ソフトキャップ:7,000 ETH
  • ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
  • 利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
  • キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
  • トークン最大発行数:95,000,000 DSCP

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

 

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事を是非ご覧ください。

trend-communications.hatenablog.com

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO新着情報!

ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の新着情報について公開していきます。

f:id:trendcommunications:20181217112140j:plain

 

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されます。DISCIPLINAプロジェクトで使用されるこのプロトコルは求人募集している雇用主に正確な検証された成績データを提供する為にのみ用いられています。

このプロトコルの利用にあたり2人の当事者が存在します。それはトークンの買い手と売り手です。一般的な売買システムにおいては流通資金をプールし流通データを検証する仲介者が存在します。しかし、従来のデータ公開アルゴリズムと異なり、DISCIPLINAでは仲介者は必要としません。DISCIPLINAプロジェクトにおいてブロックチェーンこそがすべての取引の有効性を保証する合意メカニズムを備えた分散型台帳なのです。

先述した通りDISCIPLINAプロジェクトに関わる全ての参加者はデータが有効であるかどうか判断する機会があります。もし登録データに関して争いが生じたとしても参加者はブロックチェーン上に記録されたデータを判断材料として証明することが可能です。買い手が無効だと主張するデータをネットワークのノードに確認させ、その後に有効か無効かについて決断を下すことができます。ちなみに両当事者はそのデータに対して信頼し取引が公正であると同意する場合、ブロックチェーン上のノードはデータにアクセスすることはありません。

取引前に、買い手は検証を行う事をノードに通知しなければなりません。全ての取引記録データは検証済みであり有効なものでなければならないからです。売り手は暗号鍵を用意する事でデータを暗号化し、そしてその暗号鍵をブロックデータの代表となるデータ「マークル・ルート」を計算して、この「マークル・ルート」を参加者が閲覧できるパブリックブロックチェーンに入れます。

買い手はセッションの公開鍵と暗号鍵のペアを作成し、暗号鍵を公開して取引を行います。さらにこの取引におけるスマートコントラクトに保管するDisciplinaトークンを送信します。

売り手は所定の保証金をコントラクトアドレスに送信し内容の障害確認の為、一定時間待ち時間が発生します。その後、買い手にプライベートブロックチェーンで暗号化したデータを送信します。こうすることでブロックチェーン上に大量の情報を保管せず、また記録に関しての争いが生じた場合にその記録データの全てを公開する必要がなくなるのです。

買い手が暗号化データを受領したことを確認後、売り手は買い手の公開鍵で暗号鍵を発行します。

この売り手の暗号鍵で買い手はデータを解読できます。この段階で2つのシナリオが考えられます。

1.買い手が記録データが虚偽があって無効であると考える場合、その部分に秘密鍵を使用し公開します。Disciplina参加者は誰でもそのデータ部分を解読し真正なデータであるか確認機能が使用できます。大まかな流れとしては売り手が買い手にプライベートチェーン上で送信したデータの中に疑問部分が実際に含まれていたことを証明する為に買い手は同部分の「マークル・パス」も提出します。買い手が同データについて無効であることを証明できた場合、売り手が当初送信していた保証金とともに自分の資金も払戻しを受けます。

2.すべてのデータが真正であった場合、買い手はパブリックチェーンの取引にてそれが確認出来ます。虚偽があった場合では一定期間の後にスマートコントラクトは自動的に資金を売り手に送信します。

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:trendcommunications:20181217112048j:plain

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきました。

データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表がありましたが、アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されるそうです。

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に注目してみてはいかがでしょうか。