今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20181217112048j:plain

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO情報

 

 

  • 略称:DSCP
  • ソフトキャップ:7,000 ETH
  • ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
  • 利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
  • キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
  • トークン最大発行数:95,000,000 DSCP

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事を是非ご覧ください。

trend-communications.hatenablog.com

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO新着情報!

ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の新着情報について公開していきます。

f:id:trendcommunications:20181217112119j:plain

信頼するにふさわしいウェブサイト構築

最近では、クオリティの低いサービスを提供する教育機関は数え切れないほど多くなりました。DISCIPLINAプロジェクトはこういった教育機関の出現を防ぐべく発足されました。
その防止策としてインターネット上でのウェブプロトコルに信用の輪(Web of Trust)を実装します。この実装により信用の輪のシステム参加者同士の信用を作り上げることが可能です。
この信用の輪システムの実装においては教育機関の登録、もしくは拒否権を持つはずの「検証センター」といものがありません。
このシステムでは、労働者を探している雇用主はどの教育機関が信用出来るか出来ないかを把握することができます。学生に与えられた成績評価の価値は、その成績が授与された時点での教育機関の格付けによって決まります。つまり、レビューや格付け評価によって簡単に教育機関を選ぶことができる様になります。
DISCIPLINAプロジェクトにおいて参加者がどのように評価を作っていくのかをご理解いただくため、複数の教育機関A校、B校、C校と雇用主D、Eがシステムに登録されていると想定しましす。
A校とB校は評判のいい有名な大学で、雇用主Dはこの2校を高く評価しています。しかし、C大学は雇用主Eのみからしか信用されておりません
結果を総合的にとりまとめ、信頼性の高い評価をされているシステム参加者が必要です。
今回のケース(A~E)において、認知度一位の有名大学A校と、採用候補者の選定に厳しいことで有名な会社Dが信頼性が高いと当てはまります。結果的に、大学B校は有名な会社DからA校同じく信頼されていることから自動的に「信頼の輪」に加えられ、逆に参加者CとEは信用できないと結果になります。
結果を総合的にとりまとめ、信頼性の高い評価をされているシステム参加者が必要です。

 

DISCIPLINAを分散化させる方法

ブロックチェーン技術は分散管理を目的として用いられますが、実際ではシステム上中央管理を行うのも難しくありません。
例として、従来の主流だったProof o Stakesのモデルにおいても管理する主要組織は長期間にわたりコミュニティ全体に対して責任を負います。従ってこのシステム全体の業績はコミュニティではなくこの管理組織に委ねられることになります。
運営するプロジェクトチームはDISCIPLINAのネットワークにおいて、完全な分散管理の実現を目指しています。
今後の計画ではメインネットのスタート後、どのDisciplinaのトークン所有者も50%以上の大きな保有数のシェアを持つことができないようなシステムの作成を予定しています。
システム上では発行したトークン数合計に対してトーク保有数の割合が45%となるようにされており、またさらにそれらを3つの独立した組織に分配される予定です。

 

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:trendcommunications:20181217112140j:plain

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきました。

「Disciplina(ディサプリナ)」は、信用の輪(Web of Trust)システムの実装を行うことにより、レビューや格付け評価によって簡単に教育機関を選ぶことができる様になるのだとか。

また、DISCIPLINAのネットワークにおいて、完全な分散管理の実現を目指しており、今後の計画ではメインネットのスタート後、どのDisciplinaのトークン所有者も50%以上の大きな保有数のシェアを持つことができないようなシステムの作成を予定しているそうです。

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に注目してみてはいかがでしょうか。