要チェックICO『Jupiter COIN(ジュピターコイン)』の気になるメンバーを紹介|仮想通貨トレンドニュース

要チェックICO『Jupiter COIN(ジュピターコイン)』の気になるメンバーを紹介|仮想通貨トレンドニュース


1年前に比べ、だいぶ世間に浸透してきた仮想通貨ですが、ネットなどの書き込みを見てみても「○○の仮想通貨を買ったら価値が上がって得をした」または「私は△△のコインを買ったけど暴落をして今とても損をしている…」等、そう言った情報をよく見かけるようになりました。


ただ少々を気になるのが、ネット上で見かける仮想通貨に対する情報が、"得をした損をした"と言った購入しているユーザー側の立場ばかりの書き込みが多いのか気になります。


仮想通貨を市場に発表した多くの企画チームの皆さんは、このようにユーザーが買って得をしたり損をしたりという"宝くじ"のような目的だけで仮想通貨を作り出したのでしょうか?


その辺りの詳細をJupiter(ジュピター)企画開発者のインタビューからの情報や、こちらの企画が出しているJupiter COIN(ジュピターコイン)というトークンが、経済社会にどのように役に立っているのか?そういった点にスポットを当て本日はご紹介していきたいと思います。

 

 

f:id:trendcommunications:20180426101442j:plain


要チェックICO『Jupiter COIN(ジュピターコイン)』の概要

 

ジュピター(Jupiter)とは、元国会議員を筆頭に企画開発され、誰でも簡単に、分かりやすい購入方法が特徴な"新たな仮想通貨"です。
2018/5/7から一般向けにセールが開催され、購入やICOが始まっています。

こちらに詳しくご紹介します。

 

trend-communications.hatenablog.com


要チェックICO『Jupiter COIN(ジュピターコイン)』のプロジェクトとは?

 

仮想通貨を世に発表した『Jupiter』は、本来はサイバーセキュリティを手掛けているプロジェクトです。

そしてそのセキュリティ実現に向けてこのようなプロセスを主に活動しています。


1.サイバーアタックへの防御
2.ブロックチェーンの欠点を補う
3.内部の情報漏洩などを対策


では本日の本題とも言える、仮想通貨というのは例えば上場を考えていたりする企業や、実現したいプロジェクトが、活動のための
先立つ資金がない…とお悩みの起業家の皆さんも少なからず居ると思います。
そういった時のソーシャルビジネスとして、ICOでの"資金確保のツール"として役に立つ物であるだと考えられています。


Jupiter COIN(ジュピターコイン)はよくある宝くじのように、ただ買って損したり得したり…という事が目的のプロジェクトという訳ではありません。


なのでJupiter COINを始めとした仮想通貨のほとんどは、ただ買って得をしたり損をしたりといったギャンブル的な媒体として市場に出された訳ではありません。

 

Jupiter(ジュピター)開発スタッフが見出だしているのは、Jupiter COIN(ジュピターコイン)がもたらす社会貢献の大きな可能性いう点なのです。


今後も、『Jupiter』はさまざな企業や技術者を巻き込み発展していくと予測し、プロジェクトを通じて社会起業家として活躍するであろう人材を多く輩出していくと予想しています。


こうしてJupiterプロジェクトのチームが見出したのは、Jupiter COINを世に出すことで社会貢献の大きなきっかけになるのではないか、ということを予想して企画されてきたのです。

 

要チェックICO『Jupiter COIN(ジュピターコイン)』気になるメンバーとは?

 

ビジネス市場で大きな実績を持つメンバーが多く集まり『Jupiter(ジュピター)』の企画チームは結成されました。


そのメンバーの中に、M&Aを担当する植木秀憲氏(株式会社マナビバ代表取締役、ビーオービー株式会社取締役)という人物がいるのはご存知でしょうか?


こちらの植木さんという人物はどのような社会へのビジョンを考えJupiterのプロジェクトに参加したのか。

またM&Aというのはどういうポジションのお仕事なのか?次はその辺りお話ししたいと思います。



植木秀憲氏
・株式会社マナビバ代表取締役
・ビーオービー株式会社取締役
・独立企業大学STAR GATES事務局長

 

f:id:trendcommunications:20180601100845j:plain

要チェックICO『Jupiter COIN(ジュピターコイン)』に関わる植木さんのインタビュー内容をご紹介


上でもあげましたが、Jupiterは企業のサイバーセキュリティを担う仕事もあるため、国内でも最も優れた精鋭メンバーで構成されています。


ICO で調達した資金を適切に使用し、他の企業へのアプローチとして参加者を集めていく。
その"合併"の仕事を引き受けているのが植木さんなのです。

ではそんな"M&A"のお仕事の詳細をご説明します。

 


ちなみにM&Aとは"企業の合併や買収の総称"を意味するビジネス用語を指します。

「私の人脈を含め、さまざまなルートを通じて、『Jupiter』プロジェクトに共感してくれる企業にアプローチしています。『一緒により良い社会にしていきませんか』と提案しているわけです。できれば、1社に依存したくはないですね。どうしても、中央集権になりがちですから。それよりも、コングロマリット的な関係にまとまるという方向が望ましく思います。技術面も同様です。この技術しかないという偏りは避けたいと思っています。」

M&Aを進める上で植木さんがポイントに置いているのは『Jupiter』プロジェクトの理念を共有できるかどうかだ述べています。

 


『Jupiter』のコンセプトと波長が合う会社である、という点が大前提という事ですね。


つまり『Jupiter』と波長が合う企業であるかどうか、これがアプローチの対象となるために一番重大なポイントとなります。


それでは植木さんは、『Jupiter』を通じてこの先経済市場がどのように改善されていくのを望んでいるのでしょうか。

未来社会は、資本ありきのイデオロギーではなく、人から発生するもの。『こんなものがあったらいいな』と個人レベルで思っているものが形になると良い。今回の『Jupiter』もその一つ。本来、資本主義の根底は人なんです。人本主義とでも言ったら良いでしょうか。実際、個人でできるレベル、個人で発信できる環境が凄く整ってきています。多くの人に分配されていく時代になると思いますよ。最終的には、人と経済が一つになる社会になれば良いですね。そうしたなかで期待されるのは、社会起業家です。今もかなり注目されており、彼らがどんどんお金を動かしています。そうしたアントレプレナーを一人でも多く育てていきたいと考えています」

引用元:ベンチャータイムス

venturetimes.jp


要チェックICO『Jupiter COIN(ジュピターコイン)』まとめ

f:id:trendcommunications:20180412121942j:plain


Jupiter(ジュピター)というプロジェクトは実績豊かな、確かなメンバーで構成されています。


その中でM&Aを担当されている植木さんは、波長が合う企業へのアプローチを行い『一緒により良い社会を』作っていくためという名目で人脈を広げるお仕事をされています。


こういった活動により、いずれはもっと企業家にチャンスを与えられる、資金集めの有益な媒体としてJupiter COINを市場に発表し多くの社会起業家が活躍できる社会を目指しています。


という事で繰り返しますが、Jupiter COINは単なるユーザーが買って損得をする、ギャンブルのような媒体ではありません。

将来の社会の改善のために世に発表されたICOトークンなのです。