仮想通貨時代は終了したのか?金融庁認定取引所Xthetaの今後

仮想通貨時代は終了したのか?金融庁認定取引所Xthetaの今後

f:id:trendcommunications:20180302135813p:plain

 

2018年スタートの1月から仮想通貨全体の価格下落がありました。

これまでこのような下落を繰り返している仮想通貨市場は、既存の市場とは一切異なることから判断が難しい状況に置かれています。

 

ビットコインの価格で考えると、2017年12月17日から64.5%も下がり、仮想通貨市場全体の時価総額3380億ドル(約36.7兆円)になりました。

 

現在は少しずつ、価格を戻しつつありますが、反発から再度下落が続く相場な為、未だ相場の底なのか判断がつかない状況に多くの投資家が混乱しています。

これはどの市場から見ても大幅な下落です。

しかしビットコイン定期的に暴落しており、その都度再び上昇しています。

 

この大きな理由として、仮想通貨市場が今までの金融市場と比較の対象にすることが難しいため、多くの投資家や国が常に判断が難しい状況に置かれているようです。

ある調べでは2010年からビットコインの暴落予想の回数をカウントし、現在249回で今後も増えまだ増えるとされています。

特に2017年は最も多く、ビットコインの終わりを宣言する予想は109件もありました。

 

 

・下落の要因

今回の価格下落の要因の一つとされるコインチェックがハッキングされるという事件がありました。

取引所においてセキュリティ面の信用は非常に大きいですよね。

2017年4月1日に改正資金決済法が施行され、仮想通貨取引所金融庁へ申請が必須となりました。認定取引所のように認定取引所で取引すると良さそうです。

 

例えば、このブログでもオススメしているXthetaは金融庁からの認定も受けているため、やはり信用が持てますね。