今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨進捗情報を公開!|仮想通貨トレンドニュース

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨進捗情報を公開!|仮想通貨トレンドニュース

今回は、今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨新着情報を公開していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20190110135623j:plain

今期待の仮想通貨『ACDコイン』プロジェクト概要

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

  • 「株式会社ACD」とは?

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちらの記事を是非ご覧ください。

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨進捗情報

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の新着情報について公開していきます。

f:id:trendcommunications:20190110135609j:plain

「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表

 

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、2019年1月22日(火)13:30~宮崎県立美術館で開催されますインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」に参加いたします。
セミナーは、宮崎県、株式会社宮崎銀行、株式会社宮崎太陽銀行みずほ銀行が主催となり、宮崎県商工会議所などに呼びかけて、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているものです。
今回のテーマは、今後ますます増加傾向にある中国を始めアジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されます。

ACDの株主であるANAホールディングス(株)も、2017年10月20日に宮崎県との間で、観光産業の振興、地域経済の一層の活性化を図るため、相互の資源を有効に活用した協働による活動を推進することを目的とした「観光振興に関する連携協定」を締結しており、ACDといたしましても、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献してまいりたいと考えております。

今回のセミナー参加を機に、地域創生に積極的に取り組んでいる宮崎県とACDのサービスを身近で感じていただくとともに、今後中国を始め世界の顧客に対して積極的に地域の名産品などを紹介していければと考えておりますので、引き続きACDの業務へのご理解・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』まとめ

f:id:trendcommunications:20190110135433j:plain

今回は、今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨特徴や上場情報などを公開していきました。
今期待の仮想通貨『ACDコイン』が参加するインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」は、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているもので、アジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されるそうです。

今後【ACDコイン】は、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献していくと考えているそうです。
今期待の仮想通貨『ACDコイン』に注目してみてはいかがでしょうか。

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20181217112048j:plain

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO情報

  • 略称:DSCP
  • ソフトキャップ:7,000 ETH
  • ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
  • 利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
  • キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
  • トークン最大発行数:95,000,000 DSCP

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

 

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事を是非ご覧ください。

trend-communications.hatenablog.com

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO新着情報!

ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の新着情報について公開していきます。

f:id:trendcommunications:20181217112140j:plain

 

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されます。DISCIPLINAプロジェクトで使用されるこのプロトコルは求人募集している雇用主に正確な検証された成績データを提供する為にのみ用いられています。

このプロトコルの利用にあたり2人の当事者が存在します。それはトークンの買い手と売り手です。一般的な売買システムにおいては流通資金をプールし流通データを検証する仲介者が存在します。しかし、従来のデータ公開アルゴリズムと異なり、DISCIPLINAでは仲介者は必要としません。DISCIPLINAプロジェクトにおいてブロックチェーンこそがすべての取引の有効性を保証する合意メカニズムを備えた分散型台帳なのです。

先述した通りDISCIPLINAプロジェクトに関わる全ての参加者はデータが有効であるかどうか判断する機会があります。もし登録データに関して争いが生じたとしても参加者はブロックチェーン上に記録されたデータを判断材料として証明することが可能です。買い手が無効だと主張するデータをネットワークのノードに確認させ、その後に有効か無効かについて決断を下すことができます。ちなみに両当事者はそのデータに対して信頼し取引が公正であると同意する場合、ブロックチェーン上のノードはデータにアクセスすることはありません。

取引前に、買い手は検証を行う事をノードに通知しなければなりません。全ての取引記録データは検証済みであり有効なものでなければならないからです。売り手は暗号鍵を用意する事でデータを暗号化し、そしてその暗号鍵をブロックデータの代表となるデータ「マークル・ルート」を計算して、この「マークル・ルート」を参加者が閲覧できるパブリックブロックチェーンに入れます。

買い手はセッションの公開鍵と暗号鍵のペアを作成し、暗号鍵を公開して取引を行います。さらにこの取引におけるスマートコントラクトに保管するDisciplinaトークンを送信します。

売り手は所定の保証金をコントラクトアドレスに送信し内容の障害確認の為、一定時間待ち時間が発生します。その後、買い手にプライベートブロックチェーンで暗号化したデータを送信します。こうすることでブロックチェーン上に大量の情報を保管せず、また記録に関しての争いが生じた場合にその記録データの全てを公開する必要がなくなるのです。

買い手が暗号化データを受領したことを確認後、売り手は買い手の公開鍵で暗号鍵を発行します。

この売り手の暗号鍵で買い手はデータを解読できます。この段階で2つのシナリオが考えられます。

1.買い手が記録データが虚偽があって無効であると考える場合、その部分に秘密鍵を使用し公開します。Disciplina参加者は誰でもそのデータ部分を解読し真正なデータであるか確認機能が使用できます。大まかな流れとしては売り手が買い手にプライベートチェーン上で送信したデータの中に疑問部分が実際に含まれていたことを証明する為に買い手は同部分の「マークル・パス」も提出します。買い手が同データについて無効であることを証明できた場合、売り手が当初送信していた保証金とともに自分の資金も払戻しを受けます。

2.すべてのデータが真正であった場合、買い手はパブリックチェーンの取引にてそれが確認出来ます。虚偽があった場合では一定期間の後にスマートコントラクトは自動的に資金を売り手に送信します。

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:trendcommunications:20181217112048j:plain

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきました。

データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表がありましたが、アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されるそうです。

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に注目してみてはいかがでしょうか。

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20181217112048j:plain

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO情報

  • 略称:DSCP
  • ソフトキャップ:7,000 ETH
  • ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
  • 利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
  • キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
  • トークン最大発行数:95,000,000 DSCP

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

 

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事を是非ご覧ください。

trend-communications.hatenablog.com

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO新着情報!

ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の新着情報について公開していきます。

f:id:trendcommunications:20181217112140j:plain

  • データ公開の安全性を保証

DISCIPLINAプロジェクトは各教育機関に属する学生の成績データを収益化する機会を提供することによって、学業成績と雇用という分野において可能な限り便利で有益なものにすることを目標としています。
求人募集している雇用主はDISCIPLINAを通じて虚偽のない証明された学歴や成績結果を検索することが可能となり、興味のある学生候補者に関するデータにアクセスするために各教育機関へ閲覧料金を支払います。

このアイデアを正しく実現するにあたって、各教育機関が求人募集している雇用主に対して偽造データを売るといった、すべての詐欺や虚偽について検討し不正が行われないようにしなければ成立できません。

このような問題に対して、信頼できる仲介者がデータの転送を監視し取引資金を留保すれば避けられる事態とも考えられます。
しかし、「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能する為仲介者は必要なく常にオンライン上で監視する必要もありません。

実際には、先に説明した仲介者を必要としない「“optimistic fair exchange”」の様なデータ交換のためのデータ入力を行うことは複雑な作業といえるでしょう。このような状況でのデータ交換の統合をとっていく事はむしろ不確実になるといえます。
「“optimistic fair exchange”」の実装において、データ交換を行う2者間でお互いが不正をしない確実性を高めていくという事が特徴です。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事でした。その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたのです。

次の記事では、DISCIPLINAのブロックチェーン技術の実際にどのように組み込んでいくのかについてお伝えします、ご期待ください。

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:trendcommunications:20181217112048j:plain

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきました。

データ公開の安全性を保証すると発表がありましたが、「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能するので安全性が保障されるそうです。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事で、その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたそうです。

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に注目してみてはいかがでしょうか。

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨進捗情報を公開!|仮想通貨トレンドニュース

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨進捗情報を公開!|仮想通貨トレンドニュース

今回は、今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨新着情報を公開していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20190110135623j:plain

今期待の仮想通貨『ACDコイン』プロジェクト概要

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

  • 「株式会社ACD」とは?

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちらの記事を是非ご覧ください。

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨進捗情報

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の新着情報について公開していきます。

f:id:trendcommunications:20190110135609j:plain

ACD、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始

株式会社ACD(以下「ACD」)は、ACDが基幹事業として展開する越境ECプラットフォーム『ANA CARGO DIRECT』(中国本土を除く) のすべてにおいて、決済手段の一つとして、ACDコインを活用できるよう決済連携開発を開始しました。

ACDコインはBCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、BCH決済モジュールを実装することで、すべての『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となります。

一連の決済連携は、2019年度初旬から順次開始されることを予定しており、これは、今後、世界中のお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる新たな決済方法として世界規模での取引が実現できると考えております。

このように当社は、革新的な決済方法を提供することによって、越境EC業界において、競合他社との差別化を大きく図ってまいります。

 

 

ACDとBitcoin.com がビットコインキャッシュを利用し新しい決済方法について提携

Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「 Bitcoin.com」) と ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)は、暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結することを発表致しました。
この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、日本から“本物”をお届けするグローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能になります。
幅広く調査及びテストを重ねた結果、ACD と Bitcoin.com 共にビットコインキャッシュが暗号通貨の中で、手数料が低く、取引スピードが早いと信頼できるとのことから最も消費者及びビジネスにとって最適な暗号通貨であると賛同致しました。このパートナーシップは ACD がビットコインキャッシュを決済方法の一つとして推進するところから開始されます。
更に本パートナーシップによる ACD トークンの様々な用途や拡張、その詳細については、後日発表いたします。
また、今回のパートナーシップを経て ACD トークンはビットコインキャッシュプラットフォームとなる予定です。
ACD の CEO 園田康博から、”市場にある様々な暗号通貨を色々調査及びリサーチをした結果、当社はACD トークンとビットコインキャッシュを連携させ新しい決済方法として選びました。これはお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる決済方法を世界規模での取引が実現できると考えております。”
Bitcoin.com の CEO、ロジャー・バーから “ACD とビットコインキャッシュのパートナーシップに協力できることは非常に光栄です。ワールドワイドな航空会社の出資会社がワールドワイドの通貨を採用されることは必然であると考えます。”
ビットコインキャッシュP2P 電子通貨であり、誰からでも、どこからでも即時に決済ができる電子通貨システムです。費用がほぼ無料で、ダブルチャージのリスク、決済ができなかったり、送金が戻されることもございません。
ACD のようなグローバル会社には最適な組み合わせです。 お客様に革新的な決済方法を提供することによって、ACD が先んじてビットコインキャッシュ決済を取り組むことによって、競合他社との差が更に大きくつくでしょう。

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』まとめ

f:id:trendcommunications:20190110135433j:plain

今回は、今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨特徴や上場情報などを公開していきました。
今期待の仮想通貨『ACDコイン』は、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始し、『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となるそうで、また、ロジャー・バーが代表を務めるBitcoin.comと暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結し、この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、グローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能となるそうです。
今期待の仮想通貨『ACDコイン』に注目してみてはいかがでしょうか。

今期待の上場仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」とは?ホワイトペーパーを参考に基本情報~上場後最新情報まで全部公開!|仮想通貨トレンドニュース

今期待の上場仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」とは?ホワイトペーパーを参考に基本情報~上場後最新情報まで全部公開!|仮想通貨トレンドニュース

 

今回は、今期待の上場した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」とはどんな仮想通貨なのか?ホワイトペーパーを参考に基本情報から上場後の最新情報まで、仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の全部を公開していきたいと思います。

 

※更新日:2019年1月25日

 

 

 

上場仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の公式サイト

http://wowoonet.com/

f:id:trendcommunications:20180426102448j:plain

今期待の上場仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」とは?

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」はシンガポールで開発されている仮想通貨で、目的は「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。だから、私たちは感動を価値化します」と公表されてます。

Wowoo(WWB)は正確に言うとプラットフォームの名称であり、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWowbit(ワオビット)になります。

「感動の可視化」を実現しようとしているWowooのプロジェクトは仮想通貨のブロックチェーンと非常に相性がいいと言われています。
その理由としては、Wowooが発行するトークンには投票機能がついており、感動的な成果物を提供した人に対して投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能だからです。
仮想通貨はモナコインのようにわずかなコストで投げ銭を行うことができ、芸術や業績、作品といった経済的な価値をつけにくい分野においても感謝・感動の気持ちを伝えることが可能となります。
この結果、芸術家などが寄付などに依存することなく、作品を作ることで感謝されながらも報酬を得ることが可能になるというモデルケースが生まれる事を期待されています。
つまり、Wowooは人々の善意・芸術的価値・感動に対して、報酬をしっかり受け取ることが可能なプラットフォームを目指しているのです。

 

今期待の上場仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」チームメンバー公開

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」のチームメンバーを紹介します。

下記メンバー以外にもアドバイザーの方々もいらっしゃいます。

f:id:trendcommunications:20180809144739j:plain

今期待の上場仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」ロードマップ

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」の今後の予定は、下記の通りとなっています。

f:id:trendcommunications:20180426102433j:plain

  • 2018年第1四半期:Wowooトークンセール、システム開発
  • 2018年第2四半期:Wowooシステム開発
  • 2018年第3四半期:Wowooサービス本格リリース
  • 2019年第3四半期:WowooのプラットフォームのAIサービス開始
  • 2019年第4四半期:Wowooエコシステム成長加速

 

今期待の上場仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」仮想通貨詳細

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」はイーサリアムをベースに作られました。

スマートコントラクトを実装しています。

イーサリアムと違うところはWowbitはマイニングが行われないことです。

Wowooシステムが発行枚数などを管理しています。

ただし、非中央集権の性質も持っているので発行枚数の増減など大きな変更については特別議決機能によって決められ、Wowooの運営がトークンの管理を行う一方で、トーク保有者にも投票権を与えて公平性を保っています。

 

f:id:trendcommunications:20180426102448j:plain

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」概要
  • トークンの名称:Wowbit
  • 単位:WWB
  • 発行枚数:1,111,111,111(WWB)
  • ICO価格:1WWBあたり0.0011ETH
  • プレトークンセール開始日:2018年1月17日
  • トークンセール:2018年2月22日〜2018年3月2日
  • ICO:2018年3月以降

 

今期待の上場仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」仮想通貨特徴

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」の特徴は、「準備金制度」や「特別決議機能」です。
Wowooの準備金制度における準備率(CR)は20%で、新規にWobitのトークンが発行される際には、ETHの準備高がWowBit価値合計値の20%になるように自動調整され、その結果、Wobitトークンの売買者の間を公正なバランスで保ち、大きな安定性を生み出すことにつながります。

特別決議機能は、ルール変更など重要な決議において、トークンの保持者による投票で意思決定がされることです。
投票率3分の2以上で採択される仕組みになっており、Wowooは非中央集権の運営ではなく自律した運営を実現できるということです。

 

 

今期待の上場仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」上場先詳細

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」が上場した取引所「BIT-Z」について情報を公開していきます。

f:id:trendcommunications:20180601095051j:plain

上場先「BIT-Z」詳細

2016年に開設されたBit-Zという中華系の取引所は、会社名、代表者などはは発表されていなく、一切不明となっています。

しかし北京、香港、シンガポールと拠点がありグローバルに取引ができる場所となっています。

BIT-Z特徴

  • 取り扱い通貨数:83種類
  • 通貨ペア BTC建て:74種類
  • ETH建て:41種類
  • DKKT建て:4種類
  • 入出金手数料:無料※出金時は別途取引手数料 メイカー・テイカーともに一律0.1%
  • トレードの種類:現物取引 OTC相対取引
  • アプリ:iOS版、Android

 

 

今期待の上場仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」注目ポイント

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」の注目すべきポイントは大きく次の3つのポイントでしょう。

  • ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛

  • 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資

  • NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

これだけの情報だけでも期待するベきなのは明白ですね。

f:id:trendcommunications:20180509204329j:plain

 

今期待の上場仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」最新情報

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」が公開から上場までにどんな活動をしてきたのか?これまでの情報や最新情報を公開していきます。

f:id:trendcommunications:20180412120436j:plain

プレトークンセールが12分で完売のWowBitトークン(WWB)、近日配布と公式サイトより発表

OKWAVEグループが出資するICOプロジェクト「Wowoo」の公式サイトより、WowBitトークン(WWB)が近日配布されることが発表された。

Wowooプロジェクトの評議会には、仮想通貨業界の第一人者ロジャー・バー氏、中国のパブリック・ブロックチェーン・プロジェクトNEOの創業者でCEOのDa Hongfei氏などが参画しており、今後も注目のプロジェクトとなる。

公式発表の原文は以下

親愛なるWowooコミュニティ
ホワイトリストに登録されている人々にすぐにWowBitトークン(WWB)を配布する予定であることを発表することは、私たちの大きな特権です。
私たちはこれがWowooコミュニティにとってこの最初のステップになることに非常に興奮しています。
すぐに発表されるプラットフォームとエキサイティングなプロジェクトのさらなる発展を楽しみにしています!
Wowooチーム

 引用元:ベンチャータイムス

venturetimes.jp

最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴ、仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、仮想通貨を同社が提供するサービス上で取り扱うこと、ならびにICOInitial Coin Offering)の実施に関する検討の過程において、今回金融庁に対し仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定した事を発表した。

 引用元:ベンチャータイムス

venturetimes.jp

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」上場予定!

 

WowooエコシステムWowBit(WWB)が市場に多大な影響を及ぼすほどの重要な確認書を正式に獲得しました。
交付した期間はなんと、世界的にもメジャーな6つの仮想コイン取引所です。

Wowoo(WWB)は以前よりこちらの取引所にてWowbit(ワオビット)を一覧表示される事を目指していましたので、これは願ってもない飛躍と言えるでしょう。

Wowbit(ワオビット)が新規参入者を対象としたイベントを開催しました。
スマホアプリ「Exchangeサービス」から参入出来るイベントで話題になりました。

ビギナーにはまだまだ敷居が高く見えてしまう仮想コインに対し、Wowoo(WWB)は今後もWowbit(ワオビット)に関する詳しい情報を提供し、新規者でも解りやすいようにユーザーを増やして行くと予想されます。

Wowbit(ワオビット)の高い流動性効果で市場の生態系をさらに活性化出来ると確信しています。

ブロックチェーン業界への参加、通貨取引を望む多くのユーザーや企業より連絡先を受け、Wowoo(WWB)はこれらを基盤に社会のさらなる活性とコミュニティ拡大を目指しています。

Wowbit(ワオビット)コミュニティを最新の状態に保ちつつ、Wowoo(WWB)は市場のさらなる拡大、上場などWowbit(ワオビット)は今後も様々な業界の流通に大きな期待が寄せられる仮想コインと言えるでしょう。

Wowooチーム

 

f:id:trendcommunications:20180601095322j:plain

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」BIT-Zに上場!

 

BIT-Zに掲載!

WWBトークンが2018年5月15日にBit-Z(https://www.bit-z.com/)で最初の上場を行うことを発表することは、私たちの名誉です!
我々は、6つの取引所の中で深く検討し、Bit-Zの長期的な評価を優先させることを決めました。

Bit-Zは、香港、北京、シンガポールでのファンダメンタルズを有することから、業界で大きな可能性を秘めています。これは、中国語と英語圏のユーザーの間で最も信頼できる交流の1つです。エクスチェンジは非常に低い取引費用をユーザに提供します。これは、世界中のアルケイントレーダーがこの取引を好むもう一つの理由です。

私たちは現在、400,000WWBをリリースする予定のトークンボーナスキャンペーンの準備中ですので、まだ詳細を発表する予定ではありませんので、取引所にまだ登録していないユーザーには、キャンペーン。

あなたのWWBトークンはまだ取引所に預けることができないことに注意してください。これはこのトピックに関する次の発表の後になります。また、Bit-Z口座の登録、貿易、管理などの方法については、お問い合わせメールにご連絡ください。

 

 

f:id:trendcommunications:20180601095051j:plain

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」第2回Bit-Zキャンペーン!

Bit-Zの第2回WWBプロモーションが準備中であることをお知らせいたします。

下の期間の総WWB取引数量でランク付けされたトップ100のWWBトレーダーに報酬が与えられます!

期間:2018/06/08 15 : 00〜2018/06/15 15:00(UTC / GMT + 08:00)

報酬:1回目:20,000WWB、2回目と3回目:10,000WWB、4〜100 回目:1,700WWB

(※ユーザーは報酬を受け取るために必要なレベル3認定書)

競技の詳細については、Bit-Zの活動ページを参照してください。

 

 

f:id:trendcommunications:20180626101441j:plain

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」新プロジェクト実施

Wowoo Entertainment
私たちはブロックチェーン技術を社会に浸透させるために重要な役割を果たす重要な引き金の一つがエンターテイメントを介していると考えています。

「エンタテインメント」は人間の本能に直接つながり、人々を集める力を持っています。文化のこの部分では、しばしば批判されず、利害が存在する場所や利便性のために重要な要素が存在しますが、単に私たちが感じる楽しさです。

ブロックチェーンは、利便性の拡張だけでなく、信頼とコンセンサスの哲学を伴う技術であるため、社会自体を受け入れて変更する必要があります。したがって、私たちは私たちが対話し、より気軽に、我々は我々のプロジェクトを開始し、エンターテインメント部門は我々が努力を置くことを決めた1つの業界だったので、技術の受け入れを開始できるようになるいくつかの方法を議論してきた。

我々はすでに成功してきたようにアジアで放送されたテレビシリーズのリリースを支援し、オンラインメディアを通じて感謝の念を表するトークンを送っている約100万人の視聴者を記録し、さらに「Wowoo Entertainment」プロジェクトをリリースする予定です。

食品、スポーツ、旅行などの主要なエンターテインメントコンテンツと相互作用するICOプロジェクトを支援することを別にして、現在映画/メディア業界をサポートする独自のブランドプロジェクトを立ち上げる予定です。我々は、世界的な映画コンテンツをリリースする大手制作会社の代表者との最終的な調整を行っている。

プロジェクトに関する今後のお知らせをお待ちしております。

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」がグローバルブロックチェーンサミットに参加2018

Wowoo PteのCEO、Fujimaru Nichols Ltd.は、6月24日にマニラのGlobal Blockchain Summit 2018マニラで講演を行います。

フィリピンのロドリゴ・デューテット大統領、国際的に有名な多くの専門家と学者、そしてサミットでは世界的な着陸でのブロックチェーン技術の向上を促進する何百人もの業界リーダーの存在など、各国の政治家の存在があります。

すでにWowooはフィリピンに第2の子会社を設立しているため、地方政府との関係を拡大し
、最も成長している国のブロックチェーンの機会を拡大するためのアイデアを交換する絶好の機会になると考えていますアジアで。

http://1hw.com

 

f:id:trendcommunications:20180809145311j:plain

Bitcoin.comによるパートナーシップ

Wowoo PlatformとBitcoin.comが戦略的パートナーシップを組んで、ブロックチェーンの空間をさらに研究し、貢献することを発表することは、私たちの名誉です。

パートナーシップの第一歩として、近い将来、ウェブサイトの両サイドでエアドロップキャンペーンを実施する予定です。私たちは、ブロックチェーン技術の本質を、業界にまだ関与していない人々を中心に、より広範な人々に広めることが重要だと考えています。飛行機は、この分野に参入し、最も有効な支払いソリューションであるBitcoin Cash(BCH)とWowooプロジェクトのネイティブトークンであるWowbit(WWB)を獲得する新しいユーザーをターゲットにして新しい来るべき社会の旅。

さらに、来年夏にベータ版がリリースされる予定のWowoo Platformと、来年フルバージョンを使用するための支払い方法としてBitcoin Cash(BCH)の将来の実装に取り組む予定です。また、BCHと今後のWowooプロジェクトのコラボレーションについて検討します。

Wowooは、ライブユースケースを増やすために、ブロックチェーン空間で魅力的で社会的に評価されたプロジェクトを歓迎することを目指しているため、すでに10以上のプロジェクト契約を締結しています。宇宙の人々の

私たちは、BCHとWWBがこれらの来るWowooプロジェクトだけでなく、人々のために新しい社会を奪うための新しい可能性を開拓するための一般的なスペースにも大きな相乗効果をもたらすと確信しています。

以下は、Bitcoin.comのCEOであるRoger Verのコメントです。

Bitcoin.comはWowoo Pte。Ltd.と提携してうれしく、Bitcoin現金とWowooプラットフォームのパートナーシップは、暗号スペース。

WEB:Bitcoin.com

 

Wowoo Platformβ版リリース

youtu.be



Wowooプラットフォームのコンテンツのサービス運営者(プロジェクトプロデューサー)を、Wowooエコシステムの主要な柱の1つになるβバージョンとして運用開始することができたことを発表したことを嬉しく思います!

Wowooプロジェクトの目的は、アイデアを持った人が誰でも新しいトークンを発行したり、ブロックチェーン技術を利用してより良い社会づくりに貢献できるコミュニティを構築することです。Wowoo Platformは、プロジェクトを簡単かつ簡単にサポートできる機能を備えています生産者は成功したICOを実行する。

現時点では、このサービスは契約されたサービスオペレーターのみが利用可能であり、近いうちにメインネットとしてサービスを開始する予定です。ブロックチェーンの分野でよく議論されるように、私たちは、ブロックチェーンと相互作用するだけでなく、最も重要なことに外部社会に良い影響を与えるライブサービスを提供することを強く信じています。最初の一歩を踏み出す 今後数ヶ月でさらに多くの機能や言語を追加する予定ですので、まもなく公開レビューのための特別なプラットフォームをリリースすることを約束します。
βバージョンのサンプルビデオを掲載していますので、ぜひお楽しみください。

Wowoo PteのCEO、Fujimaru Nichols Ltd.コメント:
「私は人生で呼吸の瞬間を見て、想像以上に世界を変えるかもしれない製品を見て、私の人生ではとても興奮したことはありません。Wowoo Platformはトークンを生成するだけではありませんが、その本質はその設計にあり、設計は考慮事項から来ています。

Wowoo Platformのデフォルト言語は「インスピレーション」、「感謝」、「愛」であるため、私たちは友人である「テクノロジー」の助けを借りて、立ち上がり、世界を変えるチャンスを持つ誰もが将来を信じています。この分野に加わるすべての人をサポートする最も簡単で強力な手段を作るために取り組んでいます。我々は業界のすべてのAZをカバーすることに自信がありますが、これは実際問題ではありません。むしろ、地球上のすべての人に読めるようにしています。私たちはそれを達成できる唯一のプロジェクトだと私は知っています。

私たちのサポーターとパートナー各位に感謝し、私たちのサービスのさらなる立ち上げを楽しみにしています。

 

Wowoo Exchangeに関するアップデート

f:id:trendcommunications:20180830115820j:plain

Wowoo Exchangeは、Wowooの生態系の中で、世界で主流になるトークン経済の流動性を最大化することに貢献することを目指すプロジェクトです。

コンセプトとして、私たちは、ヨーロッパ、SEアジア、米国を中心に、FC、PLP、JVの形で世界各地に交流を広げていきたいと考えています。また、私たちは、取引所での通貨とセキュリティトークンを扱い、取引所のKYC手続きと他のWowoo ICOプロジェクトを組み合わせることも検討しています。

Wowoo Exchangeは、金融と国際ハブの国として知られているだけでなく、ブロックチェーンと暗号侵害の開発にも親しみやすいシンガポールに由来します。現時点では、現在MASからの相談を受けており、財務ライセンスの申請中です。コンプライアンスとセキュリティに関する厳格な検査とレビューは最終段階にあり、現在香港、英国、米国、ラトビアでの取引所の開設を進めています。

詳細な体制を構築し、世界各地の市場を広域に広げるために、9月中旬にWowoo Exchange Token(WWX)を公開し、交換サービスのリリースを目指しています2018年10月の終わり頃にオープンしました。

当社のプロジェクト基盤構築プロセスは非常にうまくいっていますが、財務と暗号化に関する世界のさまざまな規制に対応する必要がありますが、ウェブサイトとホワイトペーパーを更新して、この中でプロジェクトに関する詳細情報を公開する予定です。

 

 

WWBトークンがCoinExに掲載される

f:id:trendcommunications:20180830115845j:plain

WWBトークンが公式にCoinEx(https://www.coinex.com/)に掲載されることを発表することに興奮しています。CoinExは主要なデジタル通貨交換の1つであり、英語、日本語、中国語(簡体字)、繁体字中国語のサービスを運営しています。現在、CoinExは100以上のデジタル通貨取引ペアを提供しています。

CoinExは、2017年12月にグローバルかつ専門的なデジタルコイン交換サービスプロバイダとして設立されました。CoinExのコアチームは、R&D、グローバルオペレーションおよび業界での豊富な経験を誇る、初期の採用者や暗号化の専門家を含む、世界をリードするインターネットおよびファイナンス企業のチームです。CoinExは、ほぼ100の国/地域でグローバルな取引サービスを提供しています。

WWBトークンがBit-Zで最初に上場した後、私たちは多くの世界的なデジタル通貨交換について議論し、Wowooの長期的な事業推進を目指す第2のリストとしてCoinExを慎重に選択しました。

CoinExのリスティングとキャンペーンに関する詳細は、すぐに発表されます。まもなく、WWBの流動性を高めるために、他のリスティングやその他の活動に関する最新情報を発表する準備をしています。

 

ACUとのコラボレーション(アメリカ保守組合)を発表

 

思い出に残る一日が来た!今日、Wowoo Platformをベースにしたアメリカの共和党の最大のサポーターであるACU(アメリカ保守組合)と協力することを発表することは大変光栄です。
この時点から、米国との関係を強化し、これはWowooだけでなく一般的なブロックチェーン技術の歴史的出来事だと考えています。

1964年に設立されたACUは、大統領選挙と予備選挙に向けた驚異的な権力を持つすべての保守的組織のリーダーとして機能する最古の影響力のある保守的組織です。さらに、シンクタンクとして働く米国保守派連合(ACUF)とACU-PAC(American Conservative Union Political Action Committee)のメンバーであるACUF(American Conservative Union Foundation)は、保守的なアイデアや政策を積極的に社会に広めている。政府、議会、州議会、そして政治家候補者、ロビー活動、ソーシャルメディアを通じたレベル。再び、国防と自らの自由、責任、大会全体の力を優先するACUの方針は、社会内の保守派への影響を広げている。

https://conservative.org/

ACUのアジアグループは、Wowoo Platformに基づいて自由に焦点を当てたICOを実施します。ACUとの協力は、暗号侵害に関する規制がまだ検討されている米国だけでなく、社会にも大きな影響を与えるでしょう。私たちは、これが歴史の変化に向けた最大のステップとなると確信しています。そして、これまでに想像もできなかったほどの価値を、世界中に広めていきます。

さらに、WowBit(WWB)保有者の場合、近い将来に航空宇宙飛行が行われます。
プロジェクトと航空写真の詳細は、それに応じて発表されます。
経由でアップデートを追跡してください電報、ツイッター(@WowooHQ)、および詳細は当社Webサイトをご覧ください。

 

 

Memorable day has come! Today, it is our great honour to announce that we will be cooperating with ACU (The American Conservative Union), the greatest supporter of The Republican Party in the United States, based on Wowoo Platform.
From this point, we will enhance our relationship with the country of United States of America, and we believe this is the historical event not only for Wowoo but also for the blockchain technology in general.

ACU, founded in 1964, is the oldest and influential conservative organization which functions as leader of all conservative organizations with its extraordinary power towards presidential election and pre-election. Moreover, ACUF (American Conservative Union Foundation), a part of the political organization The American Conservative Union operating as think-tank, and ACU-PAC (The American Conservative Union Political Action Committee) are proactively spreading conservative ideas and policies to the society by level of government, congress, state legislature, and through political candidate, lobbying, and social media. Once again, ACU’s policies, which prioritize national defense and one’s liberty, responsibility, plenary power, are spreading its influence towards conservatives within the society.

https://conservative.org/

The Asia group of ACU will conduct an ICO focusing liberty based on Wowoo Platform. Cooperating with ACU will bring massive impact to not only United States, where regulations on cryptocurrency are still being concerned, but also for the society. We are certain that this will be the biggest step towards the change of our history and it will spread inspiring value and many more we could never have imagined before to the world.

Moreover for WowBit (WWB) holders, airdrop will be performed in the near future.
More details on the project and airdrop will be announce accordingly.
Please keep track of the updates via Telegram, Twitter (@WowooHQ), and our Website for further details.

Telegram: https://t.me/wowooofficial
Twitter: https://twitter.com/WowooHQ
Wowoo website: https://wowoonet.com/

 

SACシステムの開発と新しいトークンの発行


今日我々は、サポーターにとって非常に重要な最新情報を発表することに興奮しています。

Wowooプロジェクトは2017年からスタートし、スタートアップとしてこれまでに成し遂げたことから、Wowoo Platform Serviceの中核技術の1つであるスマートアクティブコントロール(SAC)特徴。
この技術は革命的なシステムを開発することを目的としていますが、複雑なスマートコントラクトの開発は誰でも容易に行うことができます。Blockchain技術を使用することで、SACは、特別な決済システムとCovenantsコントロールをカスタマイズすることができるなど、新しい社会で「クレジット」を交換するための真の公正な手段を体験できるようになると考えています。

SACシステム開発に関しては、当初はNEOプラットフォームに構築する可能性を検討してきましたが、最初はTPSの高速化とコミュニティの成長のためにNEOブロックチェーンに切り替えましたが、現時点ではNEOプラットフォーム上に構築する必要があります。たとえば、米国やマレーシアの政府関連プロジェクトをサポートするためにこの機能が必要になるため、ここでは唯一のオプションであるEthereumプラットフォームでSternetシステムを開発し、メインネットブロックチェーンをリリースするまで発表します(予定2019)。

この変更により、我々はERC20標準トークンとしてEthereumブロックチェーン上に新しいトークンを発行する予定です。
私たちのコミュニティプロジェクトのエアドロップを受け取り、感謝の気持ちを表す方法として交換できる、ユーザー側ではなく動作する現在のWowbitトークン(WWB)と比較して、発行される新しいトークンは主にプロジェクトオーナー(トークン発行者)に利益をもたらすトークンとして配布されます。

最近の暗号市場の状況が重要なので、ICOトークンの真の価値が今求められています。我々はすぐに来るであろうブロックチェーン時代の新たな壮大な開放に際立って評価されるであろうサービス開発に優先順位を付ける。

私たちは、WWB所有量に応じて、プロジェクトを信じて貢献したユーザーに、新たに発行されたトークンを提供します。クロスチェイン技術は未だ開発されていないため、このエアードロッピングのプロセスを自動化することはできませんが、今年はうまくいって特別なウェブサイトを1年以内に開設する予定ですので、今後のアップデートをお待ちしております。

皆様のご支援に感謝いたします。

Today we are excited to announce a very important update for our supporters.

As Wowoo project has started from 2017 and have made it this far as a startup, we believe most of you are aware of one of the core technology inside Wowoo Platform Service, which we have indicated inside our Whitepaper as the Smart Active Control (SAC) feature.
This technology is aimed to develop a revolutionary system whereas complicated Smart Contracts development can be done easily and by anyone. By using blockchain technology, we believe SAC will enable its users to experience truly fair means to exchange “credits” in our coming new society, by being able to customize Special Resolution system and Covenants control for example.

With regards to the SAC system development, we have been looking into possibilities to build it on NEO platform, as we have initially switched over to NEO blockchain for the faster TPS and growth of its community, however, we have concluded that it is impossible to be built on NEO platform at the moment. As we will be needing this feature for supporting government related projects in US and Malaysia for example, we hereby announce that we will be developing our SAC system separately on Ethereum platform which is the only option available at this point, until we release our mainnet blockchain (Scheduled 2019).

With this change, we will be issuing a new token on Ethereum blockchain as ERC20 standard token.
Compared to the current Wowbit token (WWB) which will work rather by the side of our users, in which being able to receive airdrops of our community projects and exchange as a way to express our gratitude, our new token to be issued is expected to circulate mainly as a token which benefits the project owners (token issuers).

As recent crypto market condition is critical, the true value of ICO tokens are now being asked. We prioritise our service development which we believe will definitely be appreciated upon the new grand opening of the blockchain era, which are to come soon.

We will be providing our newly issued token to the users who have believed and contributed to our project, accordingly to the amount of WWB owned. As the cross-chain technology is not yet developed, we cannot automate this process of airdropping, however, we will be opening a special website for this hopefully within the year, so please look forward to the further updates on this topic.

We truly appreciate everyone’s support.

 

WWBCトークンに関する追加情報を公開

 

To increase community confidence and transparency, Wowoo team decided to officially announce additional information related to issuing new token, Wowbit Classic (WWBC).

As we announced on September 25th, our new token WWBC will be additionally issued in order to expand our community, and moreover it will be granted (airdrop) to WWB holders with some conditions.

Issuing Conditions:
- We will NOT conduct any pre-sale or crowdsale regarding WWBC.

- Due to the nature of WWBC, WWBC should be tradable. However, as it is mainly issued for project owners within our community, and the supply will be strictly managed.

Grant (airdorp) Conditions:
- Granting (airdrop) rate will be maximum of 3 WWBC towards 1 WWB

- This is NOT an unconditional grant (airdrop) to all WWB holders, however, we will not ask WWB holders for a big burden for joining the program. Wowoo will ask for some actions to someone who wishes to be granted to improve our community. For example, registering our platform or following twitter.

- WWB must be deposited into our platform, which we had announced on September 8th. More details will be announced accordingly. Also, NEO and Ethereum cross chain granting (airdrop) technology isn't established yet. Therefore, we must create our platform first to manage users' WWB. The granting (airdrop) is scheduled to be conducted at the end of this year based on our platform development schedule.

- There are certain selling restrictions (lock-up) for WWBC obtained from this granting (airdrop).

-Mainly circulated token inside Wowoo community as per users will still and always be WWB.

The main purpose of issuing WWBC is speeding up the development of SAC, so that the feasibility of our government related projects including US and Malaysia will greatly increase. Thank you for your understandings and supports. We will announce more detailed information soon.

 

「WWB|Wowbit」Wowoo Exchangeのアップデート

 

 

Since our updates of Wowoo Exchange in the mid-August, Wowoo Exchange team has been working on two important factors and continuing this project to meet its goal for success in business and consolidate Wowoo ecosystem.
These two factors are…
-Construction of robust security system to protect from cyber-attacks.
-Secure the liquidity of massive cryptocurrency exchanges.

We announce that system design and verification for constructing robust security system has finished. This system includes installation of security detection software, which fulfills government and military security level and consulting agreement with world’s top-class security company. Moreover, Wowoo Exchange is planning to implement world’s top-class AI analytic platform. Although, the details about the security cannot be revealed due to confidentiality.

Since the announcement on August, negotiations with world’s major exchanges to ensuring liquidity have been taking place. As a result, an agreement with Tokenized, based in Singapore, to secure liquidity have settled. This partnership also includes technological cooperation of constructing robust security system, trades with fiat currency, and access to IEO platform.

With these capabilities, we believe Wowoo Exchange will be the key player of global exchange market.

Finally, we are pleasure to announce that Wowoo Exchange will start KYC registration in November.

Thank you for supporting us. Further information will be updated soon including updates of our website.

Tokenize
https://tokenize.exchange/

Please keep track of the updates via Telegram, Twitter, website and blog for further details.

Telegram: https://t.me/wowooofficial
Twitter: https://twitter.com/WowooHQ
Wowoo website: https://wowoonet.com/
Wowoo blog: https://blog.wowoonet.com/category/blog/

 

上場仮想通貨「WWB|Wowbit」新しいトークン、Wowbit Classicの詳細説明を公表

ベンチャータイムスより引用

venturetimes.jp

 

上場仮想通貨「WWB|Wowbit」がFAN Bettingホワイトペーパーを公開

 

Wowoo製作プロジェクトであるFANベッティングプロジェクトは、ホワイトペーパーを公表し、ウェブサイトを更新しました。


FAN Bettingは、ブロックチェーン上の総合スポーツエンターテインメント管理プラットフォームです。FAN Bettingの中心的なアイデアは、スポーツ選手、クラブ、ファン、メディア、広告主、スポンサー、その他の利害関係者に、より深い関与と関与のための高度なツールとインセンティブを提供する相互作用システムを構築することです。ファンは、テレビで試合を見ながら、好きな選手やクラブに参加、分析、批評、幻想、賭け、接続することができます。

 

 上場仮想通貨「WWB|Wowbit」がFANベッティング(FANBTG)の支払いに利用可能

It is our honor to announce WWB is available for a payment of FAN betting (FANBTG), although, it was not mentioned on the white paper. The announcement was delayed due to the discussion of exchange ratio and the discount rate for using WWB. Once they are agreed, we will update information as soon as possible.

https://fanbetting.world/

Please keep track of the updates via Wowoo Telegram, Twitter, Website, and Blog for further details.

 

 

 上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、LESプロジェクトがWowoo Platformを使用して実施すると発表

 

SAC to be used by LES Project

As we have announced in earlier September, we have been working to enhance the relationship with ACU (American Conservative Union), which will be using our system to develop one-of-a-kind Blockchain project.

Today, we are honoured to announce that Liberty Ecosystem (LES) Project will officially be conducted using Wowoo Platform by Liberty Ecosystem Pte. Ltd. (Singapore), in cooperation with ACU. The key factor to this decision was due to the capability of our under developing SAC (Smart active Control) system inside the Wowoo Platform.

In LES project, blockchain and token will be used to evaluate and support global conservative governors’ policies and voting act at the congress. The original token is planned to be used by the supporter to rate the conservative degree of the politicians, and SAC system is expected to be one of the most important elements for this development.

As described in our recent blog post, projects which signs up to Wowoo Platform to develop a token and wishes to use the SAC system will need to pay Wowbit Classic as a fee within the Wowoo Platform. We believe that as number of projects that needs our SAC system increases, the demand of Wowbit Classic will increase in the future.

In addition to Wowbit Classic air-drop by maximum of 1:3 ratio towards our Wowbit token (WWB) holders, we are planning to air-drop LES project tokens also.

Please look forward to further announcement on this exciting and world-changing project!

 

 

 上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、Four Nineに関する最新情報

 

We have been supporting variety of ICO projects including LIFEX and ZEN which is listed on exchange already. Today, we have to inform that Four Nine project, which is open to the public, will not conduct ICO on Wowoo Platfrom.

To enhance our eco-system, we have been cooperating with many projects from different perspectives. We accepted Four Nine project’s request of leaving our platform for goal of their utility token differs from Wowoo’s goal.

We wish for the Four Nine project to success. The project is still progressing as the website has been updated along with white paper. For further updates, please check Four Nine official website from now on.

https://four9.gold/

Last but not least, there are more than 10 Wowoo projects including undisclosed projects so please look forward for the future updates.

Please keep track of the updates via Wowoo Telegram, Twitter, Website, and Blog for further details.

上場仮想通貨「WWB|Wowbit」が、クラウドマイニングのための受け入れについて公開

 

Creating new services for WWB holders is our daily consideration. It is our duty to secure not only providing the good quality services, but also to maintain and upgrade these services.

Today, we wish to inform that there is some delay in releasing the Cloud mining service which will be accepting WWB. As we have announced of the service in September, we are still developing new mining options which is customized especially with WWB token, and also were able to start testing the product with better efficiency in its performance.

As we mentioned before, the basic structure at this point will still be by depositing WWB, which is provided by Wowoo, to OKfinc mempool (Operated by OKfinc LTD.), in return users can gain cloud mining opportunity with extremely high spec mining machine. Therefore the users will be able to earn interest accordingly to the mining results.

We believe that this mining system will be one of the important factor in our Wowoo ecosystem, as different types of blockchain are expected to play roles in the coming token-economy.

Currently, with OKfinc’s support, we are running another test which is expected to further improve the mining performance, and clear the legal structure in delivering equally and convenient service worldwide.

Moreover, we are considering to provide additional option to accepting WWB to purchase high performance mining machine.

We will make an announcement about the release date of Cloud Mining service in future.

 上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、ColdLarウォレットに受け入れられたと発表

 

One of our objectives is to strengthen the relationship with countries around the world to become widely accepted, starting from Asian countries, by attending many conferences, including Japan and China Blockchain Conference. Today, we are excited to announce that WowBit (WWB) is the first NEP-5 standard token to be accepted by ColdLar wallets.

ColdLar wallet is one of the best cold wallets in the world developed by Beijing Coldlar Information Technology Co., Ltd. which is specialized in offering professional blockchain digital assets storage solutions with its partners, Huobi, BITMAIN, etc.

https://www.coldlar.com/

ColdLar wallets are cold hardware wallet totally separated from internet and will never be connected to the network to prevent hackers. With Coldlar application, available for both iOS and Android, ColdLar wallets will provide perfect securities for managing cryptocurrencies.

上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、神宮外苑いちょう祭りのスポンサー&社会実験を発表

 

It is our honour to announce that Wowoo will be sponsoring Jingu Gaien Ichou Festival 2018.

Jingu Gaien Ichou Festival is an autumn festival held in Tokyo, Japan. The Jingu Gaien is a memorial facility of the Emperor Meiji, in which was built in wish to provide a field to improve our physical and mental health, and spread great cultures. Being the part of Meiji Shrine, one of the most respected shrines of Japan, nearly 2 million people visits during the time of this festival to enjoy the tinted autumn leaves of the maidenhair tree.

As Wowoo being a blockchain community which aims to make use of blockchain technology in different industries, to not only improve general conveniences, but also to preserve, expand and credit great ideas and cultures, we had been significantly lucky to be able to discuss the future of blockchain with the heart of Japanese culture.

Some examples of a man’s foundation are cultures and believes. In Japanese Shintoism, many goes to the shrine to spend time to face their inner self, donate and pray. We have been discussing the possibility of utilising blockchain to open a new form of transparent system in these area. As a result, we have confidently decided to sponsor this event, as well as conducting the world’s first social experiment which aims to connect blockchain and unique cultures rooted in our lives.

During the event, we will be setting up a special event, where people will be able to make their prayers and donations. Their prayers will be taken of a survey and will be publicly disclosed to visualise what people are actually praying for. The donations are to be made 100% in tokens, in which will be donated to KIZUNA project which supports the reconstruction of the disaster places across Japan.

https://www.kirin.co.jp/csv/kizuna/

Upon the success of the event, we wish to produce Shintoism compliant blockchain project together with our partners. The token generated would potentially increase the real value of our native token, Wowbit (WWB), as an inbound token. We will aggressively continue to arrange more such inbound demands for our tokens with our future cooperation.

Through this event, we wish to seek the possibility of blockchain, and also represent to ordinary people of the potential of this technology which may be casually used in different scenes in the near future. The Smart Active Control (SAC) is one of the core system which we are building in Wowoo, which will enable people to utilising Smart Contracts and messaging on the blockchain, and we see the future that this may become a killer app for many more industries.

The festival will be held from the 16th of November to 2nd of December, 2018 in Tokyo.

 

 

上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、Wowoo ExchangeのKYC承認プロセスの開始日を公開

 

KYC approval process for Wowoo Exchange is starting 25th, this month.

Wowoo Exchange is seeking to fulfill world’s top level security and provide healthy operation as global exchange. In the field of cryptocurrency exchange with high anonymity, KYC is believed to take the most important role for preventing unauthorized uses and money laundering.

Wowoo Exchange will be using YOTI’s KYC approval system for all account opening of the exchange.

Wowoo Exchange token, WWX, will able to be distributed accordingly to approved accounts. Details of the process will be announced separately.

~About KYC approval system YOTI~

YOTI is digital identity platform which is capable of completing ID and multifactor approval within few second. Earning good reputation from great numbers of companies with its advanced technology, robust security and flexible development capability, YOTI has reached out to Indonesia and United States of America from its base, London.

https://www.yoti.com

Adopting this system will allow one-stop approval among several exchanges, provide security, and simplify procedures as user benefits.

The final destination of Wowoo Exchange will be handling numbers of cryptocurrencies and fiat currencies from over 20 countries. The exchange is preparing to acquire various types of license such as security trading from each country which will make it possible to handle security tokens. Moreover, implementation of STO support system is being planned. Keep an eye on Wowoo Exchange activities.

Please keep track of the updates via Wowoo Telegram, Twitter, Website, and Blog for further details.

 

 

上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、LIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了を発表

 

We are announcing phase one LIFEX token offering has ended.

LIFEX project is now able to proceed with its project with support from angel investors and pre-sales.

Due to the synergy of related members, LIFEX is capable of covering large area. Also, to successfully build new generation medical platform which does not exist yet in the blockchain field, LIFEX were expecting to set the lead time longer. Considering the circumstances of crypto field and since it is difficult to construct the whole concept of which LIFEX plans, decision of closing the procurement as phase one were made, believing that making progress for realizing projects is the most important factor.

Therefore, LIFEX is announcing and has begun constructing its own blockchain network.

Development will be operated by a team with the core council, Nakamura, CEO of OKEIOS Inc., subsidiary company of OKWAVE. OKEISO’s lifelog information circulation platform, combination of blockchain and decentralized secret storage technology, has high reputation in Japan. Utilizing its knowledge and the brains of various councilors, LIFEX will construct most efficient LIFEX Blockchain Network for handling medical data with authenticity, maintainability and utilization.

The data acquired from blockchain and its analysis results can be used not only for development of specific medicines and preventive medicine by discovering common points such as diseases in the large universe, but also for regenerative medicine and personalized medicine.

LIFEX will bring solutions for the issues occurred from longer lives, increase in medical expenses, negative effects and other problems within the medical industry by sharing big data, which is obtained from blockchain technology to the world, aiming to enhance the development of new medicine, improve and expansion medical industry.

https://lifex.bio/

To create better society from different point of view, we will support LIFEX to bring excitement from medical field. Thank you for the support.

 上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEIにスポンサー企業として参加を発表

Posted by Wowoo
Wowoo is going to be a sponsor for ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEI, which is one of the world’s major fashion event today.

Wowoo aims to create better society by spreading blockchain technology to the world. As we have announced our view towards Entertainment in June, we believe that the entertainment industry would play a significant role in spreading blockchain technology to all over the world because it has the ability to connect people without any boundaries.
Furthermore, speaking of Ichou-festival in Japan, we sponsored and carried out not only the social experiment that connects blockchain and Japanese culture, but also could implement the visualization of excitement beyond cultures and enlarging the circles.

The event where will take place in Taiwan is introducing all kinds of fashions, such as clothes, music, art and technology which creates a culture of future to the world. There are numerous numbers of celebrities to be participating, and many trendy participants from worldwide visits to create new trends at this very event.

https://asia-afa.com/

As a new step forward, we are going to facilitate Wowoo Entertainment as our subproject, and will be announcing of some of our future activities in the future. Please look forward to the event as we will be releasing a collaborative project with a famous Japanese manga artist, who have written several numbers of world-famous masterpieces, as the first shot of our Entertainment project.

In addition, we wish to support the industry of entertainment by utilising blockchain technology, for example to develop casual ideas into an actual project or develop new method of connectivity between the creators and supporters. Therefore, we will be handing out limited edition Paper Wallet to the participants, which will contain Wowbit Classic token which are to be issued on our community, in the wish that our Smart Active Control (SAC) system will be casually used in the near future.

 

上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、「Wowooブロックチェーンコマース」の紹介を発表

We are excited to announce of our new scheduled Wowoo related project.

Due to advancement of internet, large portion of modern commerce has been evolving and shifting its business model to “E-commerce.” It is said that BtoC E-commerce market will exceed $2.6 billion in year 2018. If we are to Include the mainstream CtoC business of recent years, it is predicted that there will be greater growth of the market especially originating from China and United States.

Blockchain technology, which was first introduced to the world by the fundamental of Bitcoin, and as it has shown, is very useful for payments. Like Purse.io, which is known widely from accepting Bitcoin Cash which we support, the service of connecting cryptocurrency and e-commerce will be more present in future.

The project Wowoo deals with will be not only be simple as current e-commerce business, which products and services circulate from one company to another, but also adopt maximum potential of blockchain technology.

The base form will be free-market model. The seller will be able to post wide range of items such as products, services, skills, time, and real-estate. The buyers will be able to use cryptocurrencies as mode of payment, including Wowbit (WWB).

Even considering the growth of e-commerce market of the coming few years, the market will be saturated in matter of time. In addition, it might create difficulty over match making of good products and the buyers due to the diversity of platforms. Thus, integrating blockchain technology and cryptocurrency payment is believed to open new market model.

As we are currently constructing the business model with our partners, we may be able to offer the Sellers to be able to select and accept various currency pairs and manage them inside a wallet. This could potentially offer substantial multi-currency savings opportunity.

Also, there may be a case where in spite of providing good service or products, the Seller may face difficulties due to being categorized by vulnerable groups of the weak of society, according to our existing market principle. This kind of cases would be able to be resolved by innovation, which is connecting and expanding goodness as blockchain has brought in the society.

We aim for creating platform which will also be able to tokenize the products that are sold, with the equipped engine inside the platform which will enable to trade physical commodities and encrypted digital values with service in a set.

We are currently reorganizing variety of business models and focusing on legal reviews with partner companies. We aim to release Beta version by around the middle of 2019 and provide the service including function of issuing tokens within 2019.

Please keep track of the updates via Wowoo Telegram, Twitter, Website, and Blog for further details.

 上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、協賛した2018神宮外苑いちょう祭りでの社会実験の結果を発表

 

2018 Jingu Gaien Icho Festival, sponsored by Wowoo, had ended on 2nd of December with great success. Blessed with the weather, we counted approximately 730,000 visitors, more than last year. During this period, Wowoo’s promotion video was played once every 15 minutes at the venue, and Fuji, our CEO, with our partner company OKWAVE attended lighting ceremony on the 23rd. Moreover, we invited Tsukasa Akimoto, Senior Vice-Minister of Environment, for a speech. Also, members from Kizuna project joined the ceremony and shared the excitement. More than 3000 people visited the Wowoo booth, and many people showed interest in our company’s activities. We thank you all for your great support.

During the event, we conducted a social experiment connecting the blockchain and the culture rooted in our lives at the Wowoo booth. Visitors participated in prayers and donations, and we compiled the contents of the prayers by questionnaire method. We shared the results to Jingu related parties as we publish the information. In addition, the donation was made to the Kizuna Project, which carries out all reconstruction assistance in Japan.

Questionnaire results

Health: 42.4%

Money Luck: 23.9%

Home Safety: 17.4%

Business Success: 5.9%

Academic Fulfillment: 5.7%

Love Fulfillment: 4.7%

In response to the questionnaire results, Jingu related parties gave us a grateful word that the visualization of the wishes of people has great meaning such as the power to connect the hearts of people. Blockchain technology also helps those who have difficulty getting to temples and shrines, and Jingu related parties are looking forward to being able to create new cultures.

We will continue to cooperate with Jingu related parties and produce Shintoism compliant blockchain project. The token generated would potentially increase the real value of our native token, Wowbit (WWB), as an inbound token. We will aggressively continue to arrange more such inbound demands for our tokens with our future cooperation.

 上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、AFAの活動報告とWowooエンターテイメントの取り組みについて発表

 


ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEI, Asia’s largest fashion event with models and artists representing Asia participating, was successfully held on 1stDecember and it attracted a lot of attention from domestic and foreign countries. Also, there were great success in sponsoring activities of Wowoo and Wowoo Exchange during the event, and we are going to announce our activity report with Wowoo Entertainment’s approach.

It was a great success, recorded over 5 million viewers through live TV broadcast and livestreaming, and 1500 participants with tickets difficult to obtain. In this event, there were many celebrities gathered from several entertainment sectors and widely reported by more than 800 medias from Taiwan and overseas. The event became a leading figure that would enlighten the entertainment industry through fashion, music, and food.

http://ent.ltn.com.tw/news/breakingnews/2629977

https://www.niusnews.com/=P19rody6

As Wowoo, we not only set up our booth, but also introduced about Wowoo Entertainment on the stage.

Wowoo Entertainment is a sub-brand launched by Wowoo, which aims for the new extensibility by combining existing entertainment culture and blockchain technology. In particular, examples are sponsorship of various contents, support in logistics & sales, and intellectual asset management.

Today, entertainment has been facing difficulty to be recognized even it is fascinating due to the diversification in media or content. We consider there is a possibility to support unrecognized entertainments and to protect contents from illegal transactions by utilizing blockchain technology. Therefore, blockchain technology is able to support in several ways. Making blockchain technology more familiar will trigger people’s inspirations beyond entertainment in future.

Starting from supporting “Sengoku no Arcadia”, the compilation of project celebrating 80th anniversary of Japanese greatest cartoonist Reiji Matsumoto, we are going to get involved with entertainment industry.

As we previously announced, Wowoo Entertainment has affinity with blockchain commerce project. Thus, we are going to put more effort in spreading blockchain as it becomes a common technology in our society next year so please look forward to it.

 

 上場仮想通貨「WWB|Wowbit」、Wowbit Classic(WCC)の発行が完了

 

First of all, token symbol for Wowbit Classic is decided to be WCC, and we are excited to announce that we have safely completed the issuance of Wowbit Classic (WCC) token.

WCC is a utility token in which will be dedicated to be used as a service fee of the Smart Active Control (SAC) system of Wowoo Platform, which is scheduled to be released next year.

SAC is a key service of our project which manages the generation of tokens and controls its rights, which will be capable of creating inherent values such as originating and lapse of rights, recreate rights, economic rights, burn, escrow, etc. SAC provides an easy, simple, and yet strong experience of designing Smart Contracts of a token. As we have mentioned in our whitepaper, we believe that there will be various needs for achieving a token economy, such as monetary reserve, custody, value control, lottery, etc., and SAC may be the killer contents in customising these contracts without technical knowledge.

As WCC is an additional contents of Wowoo which were not decided beforehand, we will not conduct any token sales, and will credit our Wowbit (WWB) token holders of the new WCC tokens for free(*), in the wish that anyone with an inspiring ideas could easily create new tokens to change the world for the better.

[Token description]

Token Name: Wowbit Classic

Token Symbol: WCC

Total Supply: 3,333,333,333

Estimated price per token: TBC

Token Contract address: 0xe19937b53da7275bc5d6ca679f19fd88a549d163

There will be a special campaign program announcement early next year, in which WWB holders can sign up for in order to receive their WCC tokens.

Please note that just by owning WWB tokens WILL NOT automatically credit you WCC tokens.

WWB is a NEP-5 (NEO) standard token, and WCC being ERC-20 (Ethereum) standard token, there are no crosschain distribution system today, meaning that users must go through special steps to join the campaign. The campaign will only be held for a limited time, and we will not be responsible nor make any exceptions for any unclaimed or such occasions by the users.

We are currently in discussion with multiple exchanges, including developing exchange operates under one of the leaders of crypto industry, for the listing of WCC token in order to improve the liquidity of the tokens for the future use of SAC system by the project owners.

Furthermore, for WWB listing, we are in process of settling an agreement with exchange invested by world-famous companies in China, and exchange which has high influence in China and other Asian countries.

More information will be announced accordingly.

 

まず最初に、Wowbit Classic用のトークンシンボルがWCCに決定されました。そして、Wowbit Classic(WCC)トークンの発行が無事に完了したことを発表できてうれしいです。

WCCはユーティリティトークンで、来年発売予定のWowooプラットフォームのスマートアクティブコントロール(SAC)システムのサービス料として使用されることになります。

SACは、トークンの生成を管理し、権利の発生と失効、権利の再作成、経済的権利、燃焼、エスクローなどの固有の価値を生み出すことが可能な、トークンの生成を管理する、私たちのプロジェクトの重要なサービスです。トークンのスマートコントラクトを設計するための簡単で、シンプルでありながら強力な経験。ホワイトペーパーで説明したように、金銭の準備、保管、価値管理、宝くじなど、トークン経済を実現するためのさまざまなニーズがあると考えられます。知識。

WCCは事前に決定されていないWowooの追加コンテンツであるため、トークンの販売を行わず、新しいWCCトークンのWowbit(WWB)トークン所有者に無料(*)のクレジットを付与します。アイデアを刺激することで、世界をより良い方向に変えるための新しいトークンを簡単に作成できます。

[トークンの説明]

トークン名:Wowbit Classic

トークンシンボル:WCC

総供給量:3,333,333,333

1トークンあたりの概算価格:TBC

トークン契約アドレス:0xe19937b53da7275bc5d6ca679f19fd88a549d163

来年初めにはキャンペーンキャンペーンの特別発表があり、そこではWWB保有者がWCCトークンを受け取るために申し込むことができます。

WWBトークンを所有しているだけでは、WCCトークンが自動的に入金されるわけではありません。

WWBはNEP-5(NEO)標準トークンであり、WCCはERC-20(Ethereum)標準トークンであり、今日ではクロスチェーン配信システムはありません。つまり、ユーザーはキャンペーンに参加するために特別な手順を踏む必要があります。キャンペーンは限られた期間だけ開催され、ユーザーからの要求されていない、またはそのような場合には責任を負いません。

私達は現在、プロジェクト所有者によるSACシステムの将来の使用のためにトークンの流動性を改善するためにWCCトークンのリストのために、交換を暗号業界のリーダーの一人の下で運営することを含む複数の取引所と話し合っています。

また、WWB上場については、中国の世界的に有名な企業が投資した為替と、中国や他のアジア諸国に影響力のある為替との間で契約を締結中です。

それに応じてさらなる情報が発表されます。

 

今期待の上場仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」とは?ホワイトペーパーを参考に基本情報~上場後最新情報まで全部公開まとめ

f:id:trendcommunications:20180809145354j:plain

 

今回は今期待の上場した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」とはどんな仮想通貨なのか?ホワイトペーパーを参考に基本情報から上場後の最新情報まで、仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の全部を公開していきました。

ここまで読んでいただきお疲れ様でした。

長文にはなりましたが、仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」がどんな仮想通貨なのかわかっていただけたかと思います。

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」は、「OKWAVE」が出資、BIT-Zにすでに上場、ロジャー・バーとNEOの創業者が参画と、期待の仮想通貨と評判な仮想通貨です。

気になった方は今からでも遅くはありませんので仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」に注目してみてはいかがでしょうか。

今後も仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」について最新情報が公開され次第追記していきます。

 

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨特徴や上場情報などを公開!|仮想通貨トレンドニュース


今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨特徴や上場情報などを公開!|仮想通貨トレンドニュース

今回は、今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨特徴や上場情報などを公開していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20190110135433j:plain

今期待の仮想通貨『ACDコイン』プロジェクト概要


ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

  • 「株式会社ACD」とは?

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』ロードマップ

今期待の仮想通貨『ACDコイン』のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

 

f:id:trendcommunications:20190110135448j:plain

2018年4月トークン配布
2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
2019年ウォレットサービス開始
2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨特徴・トークンセール情報

  • 仮想通貨概要

トークン名称: ACD (エーシーディー)
トークンシンボル: ACD
トークン総発行枚数: 10 億個

 

セール期間中の取得可能枚数: 3 億個
ACD の取得対価となる仮想通貨: BTC(ビットコイン)又は ETH(イーサ)
ソフトキャップ: 3000 万 ACD
ハードキャップ: 3 億 ACD
販売期間: 2018 年 2 月 15 日から 2018 年 4 月 5 日
販売予約受付期間
・ 第1期プレセール: 2018 年 2 月 15 日~
・ 第2期プレセール: 2018 年 2 月 28 日~
・ 第3期プレセール: 未定
交換レート
・ 第1期プレセール: 1ACD = 23 円換算の BTC/ETH
・ 第2期プレセール: 1ACD = 32 円換算の BTC/ETH
・ 第3期プレセール: 1ACD = 未定

第1期、第2期プレセールは終了していますが、第1期プレセールでは、36分間で10億円が完売したそうです。

 

 


今期待の仮想通貨『ACDコイン』の市場規模

今期待の仮想通貨『ACDコイン』の市場であるインバウンドEC市場の規模は、経済産業省の報告によると、2014年において米国消費者による日本のECを利用した購入額は4,868億(対前年比112.6%)、中国からの購入額に至っては6,064億(対前年比 155.4%)に及ぶといわれており、今後もこのインバウンド EC 市場は大きな伸びが予測されているのだとか。
経済産業省はまた、2017年のレポートで「世界の越境(インバウンド)EC の市場規模は 2020 年までに 9940 億ドルに達する」と予想しているそうです。
海外からの利用者の多くは、メイド・イン・ジャパンあるいは日本ブランドのもたらす信頼性から日本のECサイトを選択するか、または日本に観光で訪れた人が帰国後にインバウンドECを利用して購入する傾向があるとのことで、2020年の東京オリンピックを前に、インバウンドECはまだまだ大きなポテンシャルを秘めているそうです。

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』プロジェクトメンバー

『ACDコイン』のプロジェクトメンバーは、政治・金融・経済のプロフェッショナル達で構成されています。
主なメンバーの詳細は下記の通りです。

 


今期待の仮想通貨『ACDコイン』上場情報

今期待の仮想通貨『ACDコイン』は、コインスーパー取引所にすでに上場しており、2018年12月28日16時より取引が開始されました。
取引ペアは、ACD/USD、ACD/BTCとなっています。

 

f:id:trendcommunications:20190110135609j:plain

  • ACDコイン、コインスーパーに上場決定

株式会社ACD(東京都江東区 代表取締役 園田康博)が発行するACDコインが、仮想通貨取引所であるコインスーパーにて、取扱いが決定したことをお知らせいたします。
12月28日よりコインスーパーにて取り扱いが開始されます。
コインスーパーは下記のサイトになります。
https://www.coinsuper.com/

コインスーパー 会社紹介
Coinsuper is a world leading digital asset exchange. We are a global elite team with extensive experience in financial advisory, compliance, wealth management and most importantly, cryptocurrency and financial technology. Apart from a very strong team, Coinsuper adopts methods such as SSL technology, multi-signature cryptocurrency wallets, offline capital management to ensure the security and stability of the platform. We also adopt google authenticator in customer login and fund/BTC withdrawal. All these are to ensure that our customers' assets are well protected.
We treat Security, Compliance and Stability as our primary focus and are committed to providing customer-oriented, efficient, professional and secure trading services to our valuable customers.

 

 

 

今期待の仮想通貨『ACDコイン』まとめ

f:id:trendcommunications:20190110135623j:plain



今回は、今期待の仮想通貨『ACDコイン』の仮想通貨特徴や上場情報などを公開していきました。
今期待の仮想通貨『ACDコイン』は、ANA共同企業体、すでに上場済みととても有力な情報が多い仮想通貨ですね。
今期待の仮想通貨『ACDコイン』に注目しておきましょう!

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報!|仮想通貨トレンドニュース

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20181217112048j:plain

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO情報

 

  • 略称:DSCP
  • ソフトキャップ:7,000 ETH
  • ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
  • 利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
  • キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
  • トークン最大発行数:95,000,000 DSCP

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

 

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

 

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事を是非ご覧ください。

 

trend-communications.hatenablog.com

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」仮想通貨・ICO新着情報!

ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の新着情報について公開していきます。

f:id:trendcommunications:20181217112140j:plain

DISCIPLINAプロジェクトの対象者について

DISCIPLINAプロジェクトは、特に教育関係における人事の採用に向けて開発されています。特に教育機関や人事部門の人たちという「学習・教育・成績証明」焦点をあてた有効なブロックチェーン技術の導入を計画しております。
例を挙げるとすると、教育機関や民間の講師のような人々はDISCIPLINAプロジェクトに登録し教育サービスを提供することが可能です。
公立や私立、またオンラインやオフライン問わず、教育の提供を行うという形であればどういった形態であっても登録することができます。例えば、家庭教師や子ども向けの教育センターなどインストラクターや講師、大学や大学院もこの条件に当てはまれることができます。
Disciplinaではデータの紛失や偽造を防ぎ学生の成績データを保管することが可能で、学生の同意があれば人事採用者に成績データ等へのアクセスを提供することも可能です。この提供によって教育機関は利益を得るといった事も予想できます。
自分自身で勉強している、もしくは新たに教育学習プログラムを探したいと考えている人は、DISCIPLINAに学生として登録すれば、学生として学業成績やキャリア達成に関する情報を収集したり投稿することができます。
学生として登録された人々は教育機関の信頼できる評価内容を確認することで質の高い教育サービスを受ける機会を得るばかりでなく、検証済の履歴書を作成し明確なキャリアパスを確立することも可能です。
一方で、人事採用に関係するあらゆる人々や機関は人事採用者としてDISCIPLINAに登録することで、登録している様々な人材の学歴や資格、経歴について信頼性の高い情報を取得することができます。
こういった理由により、人材として登録している候補者の詳細情報は、すべてのDISCIPLINAプロジェクト登録者から確認できるように完全に透明化されており、またその信頼性の高さにより人事採用者は簡単に彼ら候補者を選定することができるというわけです。

 

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:trendcommunications:20181217112048j:plain

今回は、今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の仮想通貨・ICO新着情報を公開していきました。

DISCIPLINAプロジェクトは、特に教育関係における人事の採用に向けて開発されており、人材として登録している候補者の詳細情報は、すべてのDISCIPLINAプロジェクト登録者から確認できるように完全に透明化されており、またその信頼性の高さにより人事採用者は簡単に彼ら候補者を選定することができるそうです。

今期待のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に注目してみてはいかがでしょうか。