注目「国力倍増論」とは!?政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんを徹底調査!|仮想通貨トレンドニュース

注目「国力倍増論」とは!?政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんを徹底調査!|仮想通貨トレンドニュース

 

今回は、多くの政治に関する論文、本を著作している『松田学 (松田まなぶ)』さんという人物について紹介したいと思います。

 

 

f:id:trendcommunications:20180601104532j:plain

注目「国力倍増論」とは!?政治家『松田学 (松田まなぶ)』さん概要

 


松田/学
1957年生まれ(横浜市港北区にて小中学校に通学)東京大学経済学部卒業、大蔵省入省(本省のほか、西ドイツ留学、税務署長、国税局査察部長、横浜税関総務部長、内閣審議官など)、財務省本省課長、東京医科歯科大学教授、独立行政法人理事等への出向等を経て、2010年政界進出のため退官。在官中より言論NPO理事、大学院客員教授等として活動。NPO「横浜ひとまちくらし研究会」理事、埼玉学園大学大学院及び横浜市立大学客員教授、国家基本問題研究所及び大樹総研等での活動などを経て、2012年第46回衆議院選挙にて日本維新の会より出馬し当選。

 

松田学(松田まなぶ)さんはかなりの経歴の持ち主で、元日本維新の会、次世代の党所属の前衆議院議員という大きな経歴の持ち主の政治家です。
現在は自民党に所属し活動しています。

また東京大学大学院客員教授でもあり、Jupiter COIN(ジュピターコイン)のプロジェクトリーダーも勤めています。

詳しくはこちら

 

trend-communications.hatenablog.com

 

注目「国力倍増論」とは!?政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの「国力倍増論」とは?

 


2014年8月30日に松田学さんによって「国力倍増論」は執筆され、世間に公表されました。
詳細は以下の通りです。

 

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

 

 

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい
【目次】

第1章 ~序論 日本新秩序―日本の新たなストーリーを設計するー
第2章 アベノミクスは成功するか~次に来るべき「プランB」を考える~
第3章 どうする、日本の財政~消費税増税社会保障の国家選択~
第4章 高度情報社会と社会保障~国家基盤として必要な社会インフラの整備~
第5章 日本の新しい国づくり~世界の課題解決「三種の神器」~
第6章 繁栄の舞台を世界へ~黄金の国ジパング
第7章 新しい行政改革論~「官僚」の再設計~
第8章 国家再建を考える~新しい政治の軸と進化する保守~

 

 

 

松田学さんの政策への考え

 


これまでの日本の経済論については、「所得倍増論」「資産倍増論」など、多くの論文があります。

 しかし、現在の日本は「経済だけでなく国家の力を重視する」と考えられており、将来的には国防力、人的資源、国際的な発信力だけでは不十分と言われています。

 


注目「国力倍増論」とは!?政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの「国力倍増論」まとめ

 

f:id:trendcommunications:20180613114314j:plain

「もう大丈夫と言われる国にしたい」それを胸に、政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんは「国力倍増論」を著書しました。

この本を読んだ際の評価は、「国会議員はこういった考えや分析が必要であり、また文章内容を読むのは実に簡単で分かりやすかった」という高評価がありました。

松田学さんは、彼が書いた政治の本だけでなく、松田さん自身も一人の政治家として評価されているという事なのです。

今後も活躍を期待したいですね!

今期待の仮想通貨速報「mine coin(マインコイン)」メインセール最新情報!|仮想通貨トレンドニュース

今期待の仮想通貨速報「mine coin(マインコイン)」メインセール最新情報!|仮想通貨トレンドニュース

 

今期待の仮想通貨「mine coin(マインコイン)」のメインセール終了の発表がありましたので、詳細を紹介していきます。

 

f:id:trendcommunications:20180613113405j:plain

 

今期待の仮想通貨速報「mine coin(マインコイン)」概要

mine(マイン)とは「仮想通貨が広く使われる世界」を世に普及させる事を目的に開発されたプロジェクトで、その仮想通貨名をmine(マイン)から取ってmine coin(マインコイン)と呼んでいます。

詳しくはこちらの記事を是非ご覧ください。

trend-communications.hatenablog.com

 

今期待の仮想通貨速報「mine coin(マインコイン)」注目情報

 

facebookから、MINEのマイニング工場の内部を理解出来る動画がアップロードされました。

前回紹介したラファエルさんの動画とは違った印象を受ける内容となっています、是非ご覧ください。

 

www.facebook.com

 

 

今期待の仮想通貨速報「mine coin(マインコイン)」メインセール状況

 

mine coin公式Facebookからの発表を翻訳したテキストと元のテキストを紹介します。

 

f:id:trendcommunications:20180601095322j:plain


5月27日メインセール開始!

私たちは5月27日からMINEメインセールを開始しました! ユーザー登録後、全員に送信された電子メールのURLから購入してください。

We have started the MINE Main Sale! Please purchase from the URL in the e-mail that has been sent to everyone after conducting the user registration.

 

5月31日メインセール終了!

MINEメインセールは5/31 4:00に終了しました。 次回のメインセールまでの価格は上がり、購入可能なレートは今日終了します。

 

The MINE Main Sale has ended on 5/31 4:00 utc time. The price until the next Main Sale will be raised, and the rate for available purchase will end today.

 

今期待の仮想通貨速報「mine coin(マインコイン)」まとめ

f:id:trendcommunications:20180509221948j:plain


mine coinのメインセールは、27日から31日にかけて4日間行われたようですが、イベントは大成功だったようです。

次のセールについてはまだ情報はありませんが、mine coinの今後に注目ですね!

今期待の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」キャンペーン第2弾実施!?|仮想通貨トレンドニュース

今期待の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」キャンペーン第2弾実施!?|仮想通貨トレンドニュース

 


今期待の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の公式発表がありましたのでご紹介していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20180522110147j:plain


今期待の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」概要

 

Wowoo(ワォー)はシンガポールで開発されている仮想通貨で、目的は「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。だから、私たちは感動を価値化します」と公表されてます。

Wowooは正確に言うとプラットフォームの名称であり、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWobitになります。

詳しくはこちらの記事を是非ご覧ください。

 

trend-communications.hatenablog.com

 

今期待の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」最新情報


公式サイトより発表があったものをGoogle翻訳したのでご紹介していきます。

 

 

f:id:trendcommunications:20180601095051j:plain

  • 第2回Bit-Zキャンペーン!

Bit-Zの第2回WWBプロモーションが準備中であることをお知らせいたします。

下の期間の総WWB取引数量でランク付けされたトップ100のWWBトレーダーに報酬が与えられます!

期間:2018/06/08 15 : 00〜2018/06/15 15:00(UTC / GMT + 08:00)

報酬:1回目:20,000WWB、2回目と3回目:10,000WWB、4〜100 回目:1,700WWB

(※ユーザーは報酬を受け取るために必要なレベル3認定書)

競技の詳細については、Bit-Zの活動ページを参照してください。

 

2nd campaign on Bit-Z!
We are happy to announce that the 2nd promotion of WWB on Bit-Z is now under preparation.

The TOP 100 WWB traders ranked by total WWB trading volume under below period will be rewarded!!

Period:
2018/06/08 15:00 to 2018/06/15 15:00(UTC/GMT+08:00)

Rewards:
1st: 20,000WWB
2nd & 3rd: 10,000WWB
4th to 100th: 1,700WWB

(*Users are required Level 3 Certification to receive the rewards)

Please refer to the Activity page on Bit-Z for further information on the competition.

 

引用元:Wowoo公式サイト

今期待の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」まとめ

f:id:trendcommunications:20180522110126j:plain


今期待の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がBIT-Zキャンペーン第2弾を行うと発表がありました。
Wowbit参入を考えている方は今がチャンスです!

但し、レベル3認定を受けないと報酬を受け取れないそうなのでご注意下さい。

今後もWowbitの最新情報に注目ですね!!

要チェックICO『Jupiter COIN(ジュピターコイン)』のエグゼクティブアドバイザー伊藤秀俊氏を紹介|仮想通貨トレンドニュース

要チェックICO『Jupiter COIN(ジュピターコイン)』のエグゼクティブアドバイザー伊藤秀俊氏を紹介|仮想通貨トレンドニュース


要チェックICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」には様々な精鋭陣が知恵を合わせています。

今回は「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」でエグゼクティブアドバイザーを務める伊藤秀俊氏について紹介していきたいと思います。

 


要チェックICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」概要

 

ジュピター(Jupiter)とは、元国会議員を筆頭に企画開発され、誰でも簡単に、分かりやすい購入方法が特徴な"新たな仮想通貨"です。
2018/5/7から一般向けにセールが開催され、購入やICOが始まっています。

こちらに詳しくご紹介します。

trend-communications.hatenablog.com


要チェックICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」伊藤秀俊氏紹介


伊藤秀俊氏

 


伊藤氏は国際金融の領域、ヘッジファンドプライベートエクイティ、コーポレートベンチャーキャピタル業務では豊富な実績のある方です。
さらに早稲田大学経営大学院客員教授MBAコース)として教鞭を取るなど、幅広く活躍してきた人物です。

 

 

要チェックICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」伊藤秀俊氏インタビュー紹介

 

今回はベンチャータイムスのインタビュー記事を通して、Jupiter COINのエグゼクティブアドバイザー「伊藤秀俊氏」の『Jupiter』プロジェクトにおける自らの役割について紹介します。



『Jupiter』プロジェクトにおける自らの役割について
「人的要因に着目し、AI(人口知能)を活用した内部管理システムを構築することで、サイバーセキュリティの新システムを完成させたら、日本だけでなく各国でその技術が必要になるでしょう。私自身、最近は海外国家プロジェクトとして位置付けられているインフラストラクチャー事業投資やアプリケーション開発に従事しておりますが、その中にも暗号通貨活用に積極的な国、地域、業種、新規事業があります。そうした海外事業においても、ICO以降は、中長期で『Jupiter』を採用・普及できるよう働きかけていきたいです。例えば、ある新興国では国家戦略として観光立国を目指しており、暗号通貨のユースケースとしてインバウンド観光客、地域住民に対する融資、決済を検討しています。サイバーセキュリティに強みを持つ『Jupiter』には適した事業領域です。今後そうしたプロジェクトでもユースケースが増加して行くことが予見されます。日本国内の資金決済法、金融商品取引法に準拠するだけでなく、G20新興国の規制と金融監督庁の動きを精査しながら、実施可能性を高めることができればと考えています。」

伊藤氏が、そもそも仮想通貨に着目したきっかけについて
「母校のStanfordのあるシリコンバレーでも暗号通貨での起業、ベンチャーキャピタル、エンジェルの活動が非常に活発です。学生や卒業生の間でもStanford Bitcoin Club等の研究会があり、私も最先端の暗号通貨関連の研究論文や特許を勉強する機会がありました。

最初にビットコインが実装したブロックチェーンはIT的にデータ構造や暗号理論からみると20年前以上のアーキテクチャーに立脚しており、結構古いなという印象です。コンピューターサイエンスでも離散数学は日々進化しており、フィンテックというバズワードでくくられたITに立脚した金融という観点でも、さらなるイノベーションにより今後はより便利な機能、性能が具備されて行くでしょう。

個人投資家の視点からは投機的な面白さもありますが、逆に業界としては成長期に入ったばかりで、国ごとの規制もばらばらで当局のガイドラインも未整備な点も散見されます。国際金融の業界と異なるのは、現時点では資金全体の規模が小さく、流動性の低さとトランザクションの少なさがあり、適用できる投資科学的手法にも限りがあります。せいぜいファンダメンタルやテクニカル分析程度で、取引所間のアービトラージュ、強化学習の応用なども未だ試行錯誤の状況です。

規制のない中で自己取引をしている可能性も高く、そうした研究論文も出ています。今後は、先物取引ETFを通じて本格的に機関投資家や世界的な投資家が参入してくると予想しています。そうしますと、価格推移や年末に向けた予測もこれまでとは異なってくるでしょう。今や人口知能がトレーディングをして競争相手も別の人口知能となっている現在の資産運用では、金融業界でもITやAIの知見、実装技術が競争優位性の確保には必須です」

伊藤氏は暗号通貨の現状と未来をどう捉えているのか
「暗号通貨全体の規模はまだほんのわずか。各国の規制や取引所の人的ミスが起ころうとまだイノベーションが先だという状態。G20でも規制をしすぎるには時期尚早という見解。

ただ、国際金融の業務から見るとから、オペレーションリスク、リーガルリスクを抱えています。国際的にも法制度が整っていません。もちろん、セキュリティもいい加減。どこの国でも取引所が色々な事故に巻き込まれています。まあ、本格的な成長期の前の過渡期なのでしょうね。特に日本は、投機目的の個人投資家がほとんど。雑所得が昨年末に発表されて多額の税金も取られるし、取引所も問題を起こすとあってどんどん投機熱は2018年に入って冷えてきています。

世界はどうかといえば、国ごとに対応が全く違います。フランス、ドイツは前向きですし、オランダ、スウェーデン、カナダなどは国家の暗号通貨発行を視野に、法整備や様々な調査をしています。
中国政府は海外の暗号通貨やCIOマイニングは全て禁止していますが、実は、暗号通貨関連の研究開発に関しては特許の出願数も取得数も2位のアメリカに比較するとダントツです。人民銀行も中心となり、全ての業種で適用を検討するなど、今や世界トップレベルの研究開発を進めている様子です。すでに欧州ではIT先進国エストニアが暗号通貨業界の普及に意欲的ですし、投資家もスイスに集結しています。

またバイナンスが移転を発表したマルタ共和国は、政権が世界の暗号通貨業界のメッカになろうと本気で法整備に取り組んでいます。私が言いたいのは、暗号通貨の事業をフィンテックとして捉えて、国際的な視点で見ないといけないということ。『Jupiter』プロジェクト日本発として開始していますが、ICO後は国際的な展開が必要になってきます。今後、セキュリテイや投資家保護が具備され、ETF先物取引等を通じて世界的な機関投資家が参入してくるとすれば、暗号通貨のマーケットは大きく成長していると思いますよ」

『Jupiter』には可能性があるのか
「『Jupiter』は内部セキュリティの解決にフォーカスしています。またホワイトハッカーの育成にも注力します。これは、人的な要因がサイバーセキュリティでの問題になっている現在、必要不可欠なものですし世界的にもユニークな取り組みです。フィンテックの世界は今後さまざまな技術や人口知能の活用が急速に広がっていくことでしょうが、やはりセキュリティが担保されていないと危なくて困ります。そういう意味では、『Jupiter』は技術的に完成すれば、競合優位性、社会的意義の高いユースケースがある暗号通貨の一つだと言えるでしょう」

 

引用元:ベンチャータイムス

venturetimes.jp

  

要チェックICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」まとめ


伊藤氏は2000億円相当のの大型M&Aと事業再生、ターンアラウンド、ロールアップ等にも実績がある方で、マッキンゼーでは経営戦略を学び、その後は東証一部の大企業で副社長にも就任した凄い経歴と実績の持ち主です。しかも、スタンフォード大学院では工学部の修士号も持っており、IBMの研究所に在籍した経験もあるなど書ききれないほどの経緯と実績をお持ちの方です。

そんな凄い人物も参加しているJupiter COINの動向を今後も見守っていきたいですね。

最新取引所評判速報!「日本仮想通貨事業者協会」取引所「Xtheta(シータ)」以外の参加企業は?|仮想通貨トレンドニュース

最新取引所評判速報!「日本仮想通貨事業者協会」取引所「Xtheta(シータ)」以外の参加企業は?|仮想通貨トレンドニュース

 

f:id:trendcommunications:20180314125435j:plain

 

最新取引所評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」概要

 

Xthetaは2017年5月に設立された、比較的新しい取引所で、ユーザー毎に担当者をつけるという今までにないサービスを提供している取引所です。

詳しくはこちらの記事で

trend-communications.hatenablog.com

 

最新取引所評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」以外の参加企業は?

f:id:trendcommunications:20180601102939j:plain

取引所「Xtheta(シータ)」も参加している日本仮想通貨事業者協会はどれくらいの規模なのか?気になったので調べてみました。

調べたところ正会員17社、準会員23社、協力会員62社、計102社が参加していましたす。

それではどんな企業が参加しているのか紹介していきます。

 

下記参加企業一覧。

 

  • 協力会員

アンダーソン・毛利・友常法律事務所
片岡総合法律事務所
稲葉総合法律事務所
PwCあらた有限責任監査法人
有限責任監査法人トーマツ
新日本有限責任監査法人
有限責任あずさ監査法人
フォレックスウェアジャパン株式会社
株式会社スリーエイ・システム
株式会社フィスコ
フラクタルシステムズ株式会社
シンプレクス株式会社
ゾイックス株式会社
株式会社ストーンシステム
株式会社ライトウェーブ
株式会社シンフォー
ビリングシステム株式会社
武智総合法律事務所
株式会社トレードワークス
株式会社メタクオーツ・ソフトウェア・ジャパン
株式会社インタースペース
増田パートナーズ法律事務所
株式会社ネクスウェイ
株式会社ユニメディア
株式会社エムフロ
株式会社横浜銀行
OANDA Japan株式会社
セントラル短資FX株式会社
株式会社マネースクエアHD
インヴァスト証券株式会社
東京証券信用組合
株式会社外為どっとコム
株式会社岡三証券グループ
フィンテックグローバル株式会社
上田ハーロー株式会社
イーゲート株式会社
コンセンサス・ベイス株式会社
株式会社東京コンシューマーシステム
オリックス株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
株式会社ミクシィ
IG証券株式会社
株式会社みんかぶ
日興美術株式会社
アルチップ・テクノロジーズ株式会社
フレセッツ株式会社
Quantum Accounting株式会社
株式会社イーサセキュリティ
日影公認会計士共同事務所
フォーサイドフィナンシャルサービス株式会社
F5ネットワークスジャパン合同会社
株式会社ISAO
株式会社Earth Ship
フィンテック株式会社
株式会社スタイルワン
西村あさひ法律事務所
株式会社YUNOKI ACCOUNTING PARTNERS
株式会社CAMPFIRE
Payward Japan株式会社
株式会社PASSION PROGRESS
ベリーベストエスクロー株式会社
ペイビット株式会社

 

  • 準会員

日証金信託銀行株式会社
東京短資株式会社
楽天証券株式会社
岡藤ホールディングス株式会社
野村信託銀行株式会社
株式会社ジャフコ
あい証券株式会社
ライオンコイン株式会社
クリプトエックス株式会社
株式会社ネクストカレンシー
株式会社サイバーエージェントビットコイン
株式会社deBit
松井証券株式会社
株式会社ディジタルアセット
株式会社ガイア
カブドットコム証券株式会社
BLUEBELT JAPAN株式会社
株式会社BiTreasury
B2C2 JAPAN株式会社
株式会社LastRoots
株式会社FXトレード・フィナンシャル
オーケーコイン・ジャパン株式会社
住信SBIネット銀行株式会社 

 

 

  • 正会員

株式会社マネーパートナーズ
ビットバンク株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
QUOINE株式会社
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
株式会社フィスコ仮想通貨取引所
コインチェック株式会社
BTCボックス株式会社
テックビューロ株式会社
GMOコイン株式会社
ビットトレード株式会社
バイクリメンツ株式会社
株式会社DMM Bitcoin
みんなのビットコイン株式会社
株式会社ビットアルゴ取引所東京
株式会社Xtheta
Bitgate株式会社

 

最新取引所評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」参加の「日本仮想通貨事業者協会」とは?

 

一般社団法人日本仮想通貨事業者協会(旧 仮想通貨ビジネス勉強会)は、銀行・証券会社・金融商品取引業者が日本国内において仮想通貨ビジネスをはじめるにあたり、テクノロジー・会計・レギュレーション・商慣行などの面から、必要な情報の調査・研究、知見の集約、意見交換を積極的に行い、業界の健全な発展を目指すために設立された一般社団法人仮想通貨ビジネス勉強会を母体としています。
 平成28年12月に組織改編を経て、登録仮想通貨交換業者を正会員とする、自主規制団体を目指して活動しております。

 

詳細はこちらで紹介しているので参考にしてください。

 

trend-communications.hatenablog.com

 

最新取引所評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」まとめ

f:id:trendcommunications:20180426095013j:plain

日本仮想通貨事業者協会の規模は、なんとXthetaも含め全部で102社も参加していました。

有名な会社も多く、参加する企業は今後も増えていくことでしょう。

取引所以外にも法律事務所なども会員になっているのは安心できる点ですね。

今後もXthetaと日本仮想通貨事業者協会の活動に期待して応援していきましょう。

 

 

 

注目政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんとは?どのような人物か徹底調査!|仮想通貨トレンドニュース

注目政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんとは?どのような人物か徹底調査!|仮想通貨トレンドニュース

 

今回はICO「Jupiter COIN」のプロジェクトリーダーでお馴染みの「松田学(松田まなぶ)」さんの人となりを詳しく説明していきます。

「Jupiter COIN」プロジェクトリーダーである「松田学(松田まなぶ)」さんという方をご存知でしょうか?
本日はその人となりと経歴をご紹介したいと思います。

 

f:id:trendcommunications:20180426101442j:plain


注目政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの概要

松田学(松田まなぶ)さんはかなりの経歴の持ち主で、元日本維新の会、次世代の党所属の前衆議院議員という大きな経歴の持ち主の政治家です。
現在は自民党に所属し活動しています。

また東京大学大学院客員教授でもあり、Jupiter COIN(ジュピターコイン)のプロジェクトリーダーも勤めています。

 

注目政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの活動の経歴

 

まず、松田学さんの代表的な経歴をご紹介します。

f:id:trendcommunications:20180601104532j:plain


言論NPO設立

質の高い本格的で層の厚い政策論のマーケットを創る活動で、言論NPOは、2001年秋に各界を超えた知恵のコラボレーションを進めるネットワーク型のメディア・シンクタンクとして、同世代の有志とともに設立した認定非営利活動法人です。
以後、このNPOの理事として、しっかりとした議論で有権者の立場に立った民主主義のインフラをつくる活動を続けてきそうです。

その主な活動内容は、政権評価・マニフェスト評価、日本の将来像と選択肢形成の議論づくり、国境を超えた議論の舞台運営、市民社会型の議論のプラットフォーム形成などです。

 

医療システム改革の議論創り

学教授への出向時より、日本の医療界とのネットワークを拡大、医療システム改革の議論に参画していたそうです。

社会システムデザイン研究所など様々な場で、医療の分野を中心に、日本の全体システム再設計について議論形成や提言・発信されていたようです。

 

シンクタンクにおける政策提言活動

大樹総研にて、政府や国会議員、自治体等、広く政策当事者に対して政策提言を行う活動に参画、経済政策、地方自治、財政金融、国際政策、行政論など、各種政策分野に関する研究レポートを定期的に策定し配布しており、国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)にて、企画委員会に参画し、外交・安全保障をはじめ日本の時事問題につき政策提言活動を行った。

 

各政策分野における議論活動

言論NPOの「政権評価、マニフェスト評価」活動に加え、その蓄積も活かしつつ、経済や外交だけでなく、財政、金融、国際経済、医療問題、行政論など各政策分野について、自ら議論を提起、様々な政策論の場に参画・発信し、たちあがれ日本では、党の政策立案を、国家基本問題研究所では櫻井よしこ理事長とともに日本の将来像を巡る議論などを担うなど、保守の立場から政策論を形成、発信しました。
日常的に講演活動を行い、横浜、大阪等で自らの政策論を論じることを中心に定期的な勉強会を主催しており、メディアにおいても、テレビ、オピニョン誌、インターネット論壇を中心に政策論の啓発活動を展開しています。
経済、財政、社会保障などを含めた日本の将来設計を中心とする講演活動、執筆活動に加え、TVでは、知の共有の観点から、テレビ神奈川で「松田まなぶのカナガワ未来レポート」を2011年~14年にわたり継続。また、チャンネル桜ではビデオレターを連載中、経済討論のパネラー出演等。

 

アカデミズムの分野での活動


東京医科歯科大学教授として経済学、歴史学、社会システム設計論を講じ、当時から、他の大学院客員教授として「アジア政策論」を講義を行っています。
他方で、中国の大学等でもアジアにおける日本の将来像や日本のアジア戦略などについて講義を行うなど、日中間の議論交流にも携わっており、2009年7月には、学界と政策当事者、実務家などが知恵のコラボレーションを進める場として「政策科学学会」を各界の有志とともに創設、同学会副会長に就任しました。

 

地方自治体などでの地域再生構想

地方の某地域エリアに対して農業シニアリビングタウン構想(水耕栽培の農業工場等で都市近郊にシニア世代の活動や生活の場を生み出す構想)を提唱し、その実現に向けて官、民のコラボレーションの場をリード。
東京近郊某都市における健康都市プランの策定に参画し、横浜市を中心に地域再生の議論づくりを開始しました。
これらは、先の医療システム改革などと併せ、「活力ある超高齢社会の運営モデル」構築に向けたチャレンジの実践です。

 

注目政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの職歴


次に松田学さんの活動経歴を年表形式でご紹介します。


2012年12月

衆議院議員に当選(比例南関東日本維新の会)、日本維新の会国会議員団副幹事長、同党・神奈川県総支部代表など。

 

2014年8月

次世代の党を結党。次世代の党・政調会長代理、同党・税制調査会長、同党・神奈川県連会長など。

衆議院では、内閣委員会理事、財務金融委員、国土交通委員、消費者特委オブザーバー等を歴任。
私、松田学は、東京大学経済学部を卒業後、大蔵省(現財務省)に入省し、在官中も、ドイツ、淡路島、大阪、成田、横浜などでの勤務や、内閣官房国土交通省など他省庁への出向に加え、東京医科歯科大学教授、(独)郵貯・簡保管理機構の理事、預金保険機構の金融再生部長など、本省以外にも幅広い経験をさせていただきました。


注目政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんのインタビュー記事紹介

 

松田学さんについて、過去にあげた記事でもご紹介しています。
ご興味のある方はこちらも一読下さい。

trend-communications.hatenablog.com


注目政治家『松田学 (松田まなぶ)』さん情報まとめ

 

f:id:trendcommunications:20180601104548j:plain

こちらの経歴紹介だけでも、松田学さんが政治界にビジネス業界と幅広く活動されてきたことが分かると思います。


さらに東京大学大学院の客員教授も務められているのですからそのスケールの大きさに驚きです、


そしてそんな松田学さんがプロジェクトリーダーとして市場に発表した仮想コインがJupiter COINという訳なのです。

松田学さんの今後の更なる活躍に注目しておきましょう。

最新仮想通貨評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」も参加「日本仮想通貨事業者協会」の最新情報|仮想通貨トレンドニュース

最新仮想通貨評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」も参加「日本仮想通貨事業者協会」の最新情報|仮想通貨トレンドニュース

 

 

f:id:trendcommunications:20180426095013j:plain

最新仮想通貨評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」概要

 

Xthetaは2017年5月に設立された、比較的新しい取引所で、ユーザー毎に担当者をつけるという今までにないサービスを提供している取引所です。

詳しくはこちらの記事で

trend-communications.hatenablog.com

 

 

 

最新仮想通貨評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」も参加「日本仮想通貨事業者協会」の最新情報

 

Xthetaなど登録済み仮想通貨交換業社16社が参加している日本仮想通貨事業者協会が「仮想通貨交換業における鍵の管理について」~二度と事故を起こさないために~」という勉強会を2018年4月に開きました。

その勉強会での内容について公式サイトより発表がありましたので紹介します。

f:id:trendcommunications:20180601102919j:plain

「仮想通貨交換業における鍵の管理について」~二度と事故を起こさないために~」

こちらのタイトルにもありますように、他社の悲しい事件を受けて我々も研究開発を加速してまいりました。そこで、所属しているBCCC(ブロックチェーン推進協会)で1月29日に緊急記者会見を開きまして、どのようなことが起こったのかを説明したときの資料でございます。
 多少、推測で書いている所もございますので、事実と数字が異なる所もあるかと思いますが分かっている所は申し上げます。

 本日の議題となった発端の事故について、あらましをお話しします。
 事故を起こした取引所は、日本で最大級の取引所でした。推定で200万人超のユーザーを抱えていたと考えられており、取引額が3兆8000億円程度という報道がありました。
 この当時、13コインと一番多くの仮想通貨を取り扱われている事業者で、ユーザーフレンドリーでライトユーザーが多く、スマートフォンから取引ができる特徴があり、即入出金というところが一つの大きなポイントではないかと思います。

 この即入出金を行うということは、ホットウォレットでないとならず、コールドウォレットだと絶対にできないので、このあたりの利便性を追求したという所があるのではないかと推測できます。
 今回はネムが流出したわけですが、仮想通貨の問題はロールバックが利かないのです。
 銀行の取引であれば、間違いがあれば送り戻しをするとか、引き戻しができるわけですが、仮想通貨は盗難=流出です。取り戻しが絶対に利かないという所に、他の金融システムとの大きな差があります。
 どのようなときに流出が起こるかというと、秘密鍵が奪取されたときに起こるということです。また、秘密鍵をコントロールできるシステムが乗っ取られても流出と同じです。

 例えばAPIのシステムに脆弱性があり、そこを攻め込まれたときにコントロール権が奪われて、結果的には鍵に触らずとも鍵が使われてしまい流失してしまう。
 ここをどのように管理するかというのが、大きな問題となるわけです。
 少しおさらいになりますが、どこからどこまでがオンラインで可能な話で、どこからがオンラインではいけないかというところです・・・

 

引用元:日本仮想通貨事業者協会公式サイト

 

 

最新仮想通貨評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」も参加「日本仮想通貨事業者協会」補足説明

f:id:trendcommunications:20180601102939j:plain

一般社団法人日本仮想通貨事業者協会(旧 仮想通貨ビジネス勉強会)は、銀行・証券会社・金融商品取引業者が日本国内において仮想通貨ビジネスをはじめるにあたり、テクノロジー・会計・レギュレーション・商慣行などの面から、必要な情報の調査・研究、知見の集約、意見交換を積極的に行い、業界の健全な発展を目指すために設立された一般社団法人仮想通貨ビジネス勉強会を母体としています。
 平成28年12月に組織改編を経て、登録仮想通貨交換業者を正会員とする、自主規制団体を目指して活動しております。

 

 

最新仮想通貨評判速報!取引所「Xtheta(シータ)」も参加「日本仮想通貨事業者協会」まとめ

f:id:trendcommunications:20180314125435j:plain

 

トラブルを防ぐためにはどうすればいいのか?誰しもが一度は考える質問だと思います。

仮想通貨交換業における鍵の管理についてなど普段は知れないような情報を話されたそうで、そのような情報の積み重ねでトラブルを防ぐ事ができるようになると思います。

仮想通貨をやられている方、やろうとしている方は勉強会に参加してみてはいかがでしょうか。少なからず無駄にはならないと思います。

より安全に取引できるように「Xtheta(シータ)」も参加している日本仮想通貨事業者協会の活動に期待ですね。